Web Shopにて”One & Only Bracelet”シリーズ販売開始!(レザー・アクセサリー・ブレスレット・一点モノ・腕輪・小豆島・ディアホーン))

それにしても連日猛暑が続いてますネ!

くれぐれも2018年の夏を共に元気で過ごしましょう!

スクリーンショット(2018-07-21 21.11.11)

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する

ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)

小豆島出身レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

DSCF8143
Web Shopからお知らせです♪

ナツでもこだわりのレザーを身に付けていたい・・・

1年を通じてこだわりのレザーファッションを楽しみたい・・・

ボビーアートレザーのサイトをご覧いただいてるあなたなら

きっと同じ想いを抱いていただいてるはずですネ♪

このたび唯一無二の一点モノレザーアイテム

One & Only Bracelet”(ワン & オンリー・ブレスレット)シリーズを

お求めやすい価格でリリースさせていただきました。

DSCF8145
もちろん一点ごとに素材やパーツのセレクトは違っておりますので

色々コレクションして気軽にレザーファッションを楽しんでくださいネ。

DSCF8152
DSCF8150
DSCF8151

DSCF8153

DSCF8162

レザーという天然素材で作り上げておりますので

ひとつずつ表情が異なります。

他ではなかなか手に入らないマニアックなレザーを大胆に使う

Bobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)の入門アイテムとして

One & Only Bracelet”(ワン & オンリー・ブレスレット)シリーズは

最適なレザーファッションアイテムです♪

DSCF8065

直接素肌にあたる箇所には鹿革(ディアスキン)を使用しています。

鹿革(ディアスキン)は人間の肌に近い素材とも呼ばれていて

軽くて柔らかい肌触りが心地よく

しかも身体に馴染んでくれるので

身に付けるにはまさにうってつけの素材です。

DSCF8064
ベーシックなモデルとしては、僕の出身地

香川県の小豆島に生息している鹿のツノ(ディアホーン)で制作した

オリジナルディアホーンボタンをアクセントにしたブレスレットです。

7ddc7a856c9387c698a1963867e10508-319x500 
▼小豆島産ディアホーンボタン誕生のキッカケはコチラ▼

>> 故郷の山の生息する鹿のツノから生まれたディアホーンボタン

DSCF8066
サイズ:長さ240mm×幅50mm

*ボタンからボタンホールまでのサイズ 約195mm~200mm(芯々)

素材:外面/鹿革 内面/鹿革・革ひも/鹿革

ボタン:小豆島産 鹿ツノ(ディアホーン)ボタン

DSCF8067

▼この商品の詳細&購入はコチラ▼


これからもブログで”One & Only Bracelet”(ワン & オンリー・ブレスレット)シリーズを

紹介させていただきますのでお楽しみに♪

アイコン

Bobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)は

単に革製品を制作しているのではありません。


革製品を通じて、”感動”や”喜び”・鼓動が高鳴るような

体験をお届けしているレザーブランドです♪

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

▼レザーファッション・革のお役立ち情報はコチラ

%e3%81%8a%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather [ボビーアートレザー]

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5丁目7−19 高岡セカンドハイツ101

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼