ウミガメ革 腕時計ベルト(オーダー・ブラウン・シチズン 腕時計・CITIZEN・一点モノ・別注)

2025年大阪万国博覧会の誘致が決定しましたネ!

すごく嬉しくて近所の万博公園へ行ってまいりました。

DSCF1047
はたして2025大阪万博で1970大阪万博の岡本太郎作の太陽の塔を遥かに凌ぐ

ベラボーなシンボルがそびえ立つのかどうか2018年のいまから楽しみでなりません。

33167891_2112508645444580_807184492774031360_o

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する

ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)

小豆島出身レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

Exif_JPEG_PICTURE
BAL-HAT”ユーザーのお客様からシチズンの腕時計のベルトを

ブラウンのウミガメの革で制作してもらいたいとのオーダーをいただきました。

DSCF0988
現物の腕時計をアトリエに送っていただき、既製のベルトを採寸して

型紙をつくり世界でひとつのウミガメ革の腕時計ベルトを制作させていただきました。

Exif_JPEG_PICTURE
表面にはウミガメの首あたりの斑(ふ)が細かい箇所を使い

中のクッション材にディアスキン(鹿革)を貼って膨らませました。

こまやかなエナメルの艶感がとても美しいです。

Exif_JPEG_PICTURE
直接肌にあたる内側には人肌に優しい薄く漉いたディアスキン(鹿革)をつかいました。

焦げ茶の手縫い糸で周囲を縫い付けコグチを磨きあげました。

Exif_JPEG_PICTURE
ウミガメの革は現在は残念ながら

ワシントン条約(絶滅の恐れのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)

によって流通していない貴重過ぎるレザー素材です。

Exif_JPEG_PICTURE

今回、時計ベルトをオーダーいただくにあたり時計オーナーさまから

アツいメッセージをいただきました。

『世界を認めさせる日本(シチズン)の技術と

世界の大海原で1000匹に一匹の割合しか生き残れない

稀少なウミガメの生命力の強さを融合させてみたい・・・』

要約するとこのような感じです。

Exif_JPEG_PICTURE
無機質な素材の時計パーツとハンドメイドのレザーベルトが合わさると

お互いを引き立てあってとても存在感を感じます。

Exif_JPEG_PICTURE
これから先もずっと時計オーナーの人生の時を刻み続けていただければ幸いです。

Exif_JPEG_PICTURE
余談になりますが、実は僕もシチズンのフツーすぎる腕時計を使っています。

生前父親が腕にはめていたビジネス用の時計で、後で革を巻き付けて

Bobby仕様にアレンジして毎日僕の人生の時を刻み続けています。

DSCF0989
モノにはその人なりのストーリーや想いが詰まっているような気がします。

特に毎日身に付けるモノにこそ人の想いがこもっているモノを選んでもらいたい・・・

人生とは限られた時間・・・

Bobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)はこれから先も

一生、誇れるレザーアイテムを・・・

あなたに価値ある逸品を・・・

届けるレザーブランドで在り続けます。

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

▼レザーファッション・革のお役立ち情報はコチラ

%e3%81%8a%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather [ボビーアートレザー]

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5丁目7−19 高岡セカンドハイツ101

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2018-11-26 | Posted in OTHER, Philosophy of lifeNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼