レザーハット”Bad Boris”ができるまで / その1(制作工程・馬革・オーダー・注文・Leather・Hat・帽子・経年変化・一点モノ)

いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます♪

Bobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)は単に革のハットを制作しているのではありません。

革のハットを通じて、”感動”や”喜び”・鼓動が高鳴るような体験をお届けするレザーブランドです♪


DSCF1418
発表して以来、反響が大きいレザーハット”Bad Boris(バッドボリス)

同じ柄ができない唯一無二のOne Off Seriesとしてリリースしたハットなので

サイズ違いに関してはお問い合わせをいただいてからの制作になる一点モノの

スペシャルハットです。

DSCF6740
このたびサイズ違いの”Bad Boris(バッドボリス)“をオーダーをいただいた

お客様から制作工程の記事を書くことを快諾いただきました。


DSCF6736

制作期間が通常の3倍ほどの作業量を要するハットなので

どのような工程を経てひとつのレザーハットが完成するのか

その道のりを数回に分けて描き綴ってまいります。

DSCF2357
まずは型紙作り・・・この工程も地味ながら時間がかかるのです(汗)

Bobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)の場合、型紙にもあらかじめ

接合部分と同じ位置にくるように穴をあけておきます。

最初の頃はパーツを接着して穴を開けていたのですが立体物のため

あまりに難易度が高過ぎたので、完成品を一度分解して穴位置を計算して

型紙に穴をあける形式にしました。

DSCF2359
型紙が完成したら、次は馬革を定規とOLFAのカッターナイフを使って

革ひもをカットしていきます。

Bad Boris(バッドボリス)“では通常のレザーハットの倍以上の革ひもを使うので

多めにカットしていきます。

なぜOLFAのカッターナイフを使うのかというと

FREITAGのフライターグ兄弟がバッグ作りで愛用しているのが

メイド・イン・ジャパン製のOLFAのカッターナイフだったので・・・(ちょいミーハー)


DSCF2361
革ひもをカットし終えると、次にパッチワークをしないブリム部分の表裏の二枚分と

クラウンのトップ部分の型紙を馬革にあてて銀ペンでトレースしていきます。

DSCF2362
トレースし終えたブリム部分の表裏の二枚分とクラウンのトップ部分を

慎重にカットしていきます。

次回へつづく・・・

これまでの制作工程をまだご覧になっていない方はコチラからどうぞ

▼Bad Borisの制作工程ページはコチラ

Bad Boris Making

▼パッチワーク系のハットはコチラも併せてご覧ください▼

>> レザーハット”Bad Boris”バッド・ボリス

>> Boris Type Leather Hat オーダー

>> RED RICE Special HAT(湘南乃風)

>> レザーハットBad Boris Wide Brim Custom!

>> オリジナルレザーハット”Black & White”

>> ”レザーハットBORIS-004”WANI

>> ”Boris“シリーズのオーダーについて

>> 史上最強のディアスキン・レザーハット

>> ブラウン&キャメルBoris Type

>> ディアスキン&スティングレイ・レザーハット

>> プルアップホース・ブラウン&キャメル・ワニ・パイソン

>>レザーのハギレは新たなるデザインに昇華(革端切れ活用法)

>>二度と出逢えない一点モノ、革のパッチワークブーム

▼ BAL-HAT-NEOのメイキング・プロセスはコチラ ▼

制作工程はもちろん動画や詳細な写真や解説を盛り沢山な内容で

掲載していますのでぜひご覧くださいネ↓

メイキングオブハット

▼70年代ロックファッションの世界観を凝縮させたBAL-HAT-NEOとは▼
http://bobby-art-leather.com/15397

▼帽子サイズの測り方▼
http://bobby-art-leather.com/11089

▼ハットのブリム(ツバ)周囲のサイズについて▼
http://bobby-art-leather.com/11080

▼レザーハットが生まれた理由はコチラ▼
http://bobby-art-leather.com/9767

▼BAL-HAT・お客様の声はコチラ▼
http://bobby-art-leather.com/blog/users-voice/users-voice-hat

▼コチラの記事もあわせてご覧ください▼

>> 誰でも簡単にできる簡単な革のハットのお手入れ方法

>>70’sROCKファッションの世界を凝縮したハット

>> ハット・革ジャンをオーダーしてくれる皆様の共通点とは

 

DSCF1590

例えば20年後・・・

我が子に譲りたくなるような・・・

そんなレザーハットを遺していきたい・・・

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

▼レザーファッション・革のお役立ち情報はコチラ

%e3%81%8a%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather [ボビーアートレザー]


▼LINE公式アカウントページ ID▼
  @bobbyartleather

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5-7-19高岡セカンドハイツ101号

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2019-03-11 | Posted in Making of Bad Boris, Philosophy of lifeNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼