【革の話】 蛇革の魅力(高級皮革素材・エキゾチックレザー・ダイアモンドパイソン・ウォータースネーク・コブラ・ガラガラヘビ・ニシキヘビ・モラレスパイソン・爬虫類皮革)

いつもブログを楽しんでいただきありがとうございます。

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する

ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)

小豆島出身レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

Exif_JPEG_PICTURE
不定期ながら更新頻度が増えてきた【革の話】シリーズ・・・

今回はBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)の作品の中で

かなりの頻度で使われている蛇革の魅力に迫ってみたいと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

上の写真は今から10年くらい前から使っている

ダイアモンドパイソンを貼った私物のブックカバーです。

蛇革の魅力はふたつと同じ柄が無いという独特のウロコ模様

比較的汚れにくく、薄くて柔らかい素材のわりに丈夫です。

Exif_JPEG_PICTURE(写真のインレイは小さいウロコが特徴的なベビーパイソン)

そして使い込んでいくうちにウロコの端が少しめくれ気味に立ってきて

独特の色目に経年変化を遂げてくれるところでしょうか・・・

普段使いでしたら、よほどのことがない限りウロコが剥がれ落ちることはありません。


Exif_JPEG_PICTURE

写真の左側手前はダイアモンドパイソンを貼った新品のロングウォレット

右奥が10年使っているダイアモンドパイソンを貼ったブックカバー


Exif_JPEG_PICTURE
同じ種類のニシキヘビのナチュラル光沢仕上げのレザーなのですが

日頃触る機会が多いレザーほど経年変化が著しく映えますネ。

特に財布となると一年中身につけるアイテムなのでレザーの成長が楽しみな素材です。


Exif_JPEG_PICTURE
蛇の種類や個体にもよるのですが、長財布などのように幅が必要な場合は

横幅が最低でも22センチ程必要なために3メートル級の

ダイアモンドパイソンの革が必要になります。

写真はダイアモンドパイソンのマット仕上げタイプで長さが約3.6メートル・・・

一番太い箇所で約33cm巾の化け物級です。

Exif_JPEG_PICTURE
1.8メール級の巨大なクロコダイルの背中の革やベルトでさえ

とても小さく見えてしまう程、巨大なニシキヘビ(大蛇)です。

基本的には蛇の柄を活かすために、お腹から割いたベリーカット

現在在庫はしていないけれど蛇腹(ジャバラ)のワイルドさを活かしたバックカットがあります。

それでは2019年7月現在・・・

アトリエにストックしているダイアモンドパイソンの写真を載せてみます。

Exif_JPEG_PICTURE
天然柄を活かしたナチュラルなマット仕上げ

Exif_JPEG_PICTURE
こちらは一般的によくみかける天然柄の光沢仕上げしたタイプ。(部分)

Exif_JPEG_PICTURE
柄は残してピンクに染められたダイアモンドパイソン

Exif_JPEG_PICTURE
こちらも特徴的な柄を残して赤に染め上げられたダイアモンドパイソン

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE
ツヤ消しの黒で染め上げられ柄を消したニシキヘビです。

特徴としては他の素材よりコシがなくとても柔らかく衣料用に適している仕上げの蛇革です。

黒系でまとめられた革ジャンの襟元などに使うと映えそうです。


Exif_JPEG_PICTURE

今回ブログを書く上で素材を再度検証していくうちに判明したのですが

蛇革の柄の形状が他と明らかに違うのでニシキヘビの中でもチャコールグレーに染められた

モラレスパイソンと思われます。(コチラの商品ページも訂正させていただきます)

巨大アナコンダにも似てるような・・・

Exif_JPEG_PICTURE
ダイアモンドパイソンのような大きい幅ではないのですが

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE
ガラガラヘビや

Exif_JPEG_PICTURE
コブラもカッコいいですネ♪

Exif_JPEG_PICTURE
同じ蛇革でも高価なダイアモンドパイソンと比べてリーズナブルな価格帯の

ウォータースネーク(水蛇)も作品のアクセントに使う機会が多い素材です。

Exif_JPEG_PICTURE
ウロコの風合いはワイルドなダイアモントパイソンと比べると優しい雰囲気ですネ。

Exif_JPEG_PICTURE
コチラはオリーブグリーンに染めあげられたウォータースネーク

こちらの仕上げの方が柄の雰囲気がわかりやすいですネ。

Exif_JPEG_PICTURE
蛇革は丈夫なほうですが伸縮性に欠けるため上の写真のように裏地素材を貼り合わせて

販売されている場合もございます。

お手入れについて

普段使いでしたら神経質にならなくても良いくらいなのですが

爬虫類専用の防水スプレーやクリームも適量塗布して

磨いてあげると長持ちしますし魅力的な経年変化を味わうことができます。

蛇革に限らずレザー全体にいえることなのですが、

水濡れには弱い面があるのでもし濡れてしまった場合には

乾いた布で水分を吸わせてカタチを整えて陰干ししてあげてください。

レザーは使わなくなるとカビが生える可能性が高いので長期保存される場合は

皮革専用のブラシでブラッシングしたりセーム革などで磨きあげたりして

なるべく風通しの良い場所で保管してくださいネ。



Exif_JPEG_PICTURE

やっぱり蛇革は作品としてカタチになった時に

素材のカッコよさが引き立ちます。

近年素材の仕入れ価格が高騰しているエキゾチック系レザーですが

唯一無二のダイアモンドパイソンをあなたのコレクションに加えていただければ幸いです。

それでは一部ですが蛇革を盛り込んだ作品達をご覧ください。

▼写真をクリックすると作品の記事にリンクします▼



DSCF3478
DSCF3345
DSCF1581-500x500

Exif_JPEG_PICTURE
48064342_10156547747500199_5731154619766145024_n

DSCF7370-500x500
tumblr_mndxwrwtmq1qhkc1ro2_1280-500x375

DSCF6153-500x333
Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

10967704_1011914558837333_145042362_n-500x375

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
13178867_1288361497859303_7794622029759683498_n-500x500
45825010_10156491298085199_2001211024836919296_n-500x500
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

▼コチラのカテゴリーも併せて読んでください▼

>>【革の話・革の種類】

ボビーアートレザーはレザーファッションを通じて

あなたの人生の節目に寄り添う相棒を

これから先もずっとお手伝いさせていただきます。

ループロゴ

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

▼レザーファッション・革のお役立ち情報はコチラ

%e3%81%8a%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather ®[ボビーアートレザー]


▼LINE公式アカウントページ ID▼
  @bobbyartleather

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5丁目7−19 高岡セカンドハイツ101

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2019-07-11 | Posted in Kind of leather, Philosophy of lifeNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼