【革の話】 鮫革の魅力(高級皮革素材・エキゾチックレザー・サメ・シャーク・スキン・気仙沼・国産・爬虫類皮革)

いつもブログを楽しんでいただきありがとうございます。

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する

ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)

小豆島出身レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

DSCF3379
不定期ながら更新頻度が増えてきた【革の話】シリーズ・・・

今回はBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)のアトリエに保有している

鮫革(シャークスキン)の魅力に迫ってみたいと思います。

DSCF3380

写真は気仙沼産の鮫革一枚分です。サメ一匹の半分のレザーでかなり大きい一枚です。

長さは約150cm!荒々しい風合いはマサに海のギャング!

DSCF3381

鮫の革は、独特の深いシボが刻まれていて、ある程度強度もあるので

財布やバッグ、時計ベルトなどで使用される場合が多く見られる素材です。

個人的にはギターストラップやベルト、革ジャンのパーツ・ハットに使うと

かなりカッコいいと思います。


DSCF3378

革の繊維も密に詰まっているため日常使いですとキズも付きにくく

比較的丈夫な部類に入りますので、日常使いでガンガン育ててもらいたい素材です。

お手入れについて

万が一、レザーの表面が水に濡れた場合は乾いたタオルなどで水分を吸い取るくらいでセーフです。

尚ほかのレザー同様ドライヤーで乾かすことは避けてください。

いくら丈夫な素材といえど、熱風による急激な乾燥は硬くなったり縮みなど劣化の原因になります。

もし革の内部まで濡れてしまったら、乾いたタオルで水分を吸い取り、カタチを整えてから

風通しの良いところで陰干ししてください。

乾いたら脂分が飛んで硬くゴワつく可能性があるので革専用の保湿クリームなどを

少なめの分量で構いませんので数回に分けて少しずつ浸透させてください。


DSCF3377
使い始めはザラついた革の表面も使っていくうちにツヤが出て育ってくれる素材なので

経年変化を楽しむには最適なエキゾチックレザー素材です。

毎日触る革小物こそ、シャークスキンのカッコよさが際立ってくることでしょう・・・

やっぱりエキゾチックレザーは作品としてカタチになった時に

素材のカッコよさが引き立ちます。

近年素材の仕入れ価格が高騰しているエキゾチック系レザーですが

唯一無二のシャークスキンをあなたのコレクションに加えていただければ幸いです。


▼コチラのカテゴリーも併せて読んでください▼

>>【革の話・革の種類】

ボビーアートレザーはレザーファッションを通じて

あなたの人生の節目に寄り添う相棒を

これから先もずっとお手伝いさせていただきます。

ループロゴ

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

▼レザーファッション・革のお役立ち情報はコチラ

%e3%81%8a%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather ®[ボビーアートレザー]


▼LINE公式アカウントページ ID▼
  @bobbyartleather

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5丁目7−19 高岡セカンドハイツ101

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ

↑↑↑ワンクリックいただければ幸いです↑↑↑

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2019-09-04 | Posted in Kind of leather, Philosophy of lifeNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼