蛍光灯のあかりでも革ジャンは色褪せるのか?(ケア・メンテナンス・型崩れ 予防・防止・クリーニング)

インターネット上に無数のレザーブランドがあるにも関わらず
Bobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)のブログにお越しいただきありがとうございます。

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する
ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)
小豆島出身レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%9a
先日ホームページを検索された方から
『革ジャンが蛍光灯のあかりでも色褪せるのでしょうか?』
とのご相談のお電話をいただきました。

検証するには結果が出るまでにはかなりの時間がかかってしまうので
即答はしかねるのですが、以前ディスプレイされてた革ジャンが
ハロゲンランプの影響で一部分変色してる様子を見たことがありました。
*ただハロゲンの熱なのか光の影響なのかは定かではございません。

いずれにしても長期間直射日光や蛍光灯がサンサンと照りつければ
レザーは変色や退色していきタメージを受けると考えられます。

特に革ジャンは身につけるアイテムですので、気づかないうちに
汗や食べ物のシミなどのさまざまな成分も浸透していきます。
そのまま放置しておくと、カビが生える恐れがあります。

11047281_1030722053623250_582227433_n-500x375

衣替えの為しばらく着用しない時はしまう前に
水気を硬くしぼったタオルで全体を拭き取ったり、
乾いたタオルやフリース地やムートンなどで乾拭きしたあと
風通しの良い日陰の場所で干してあげましょう。
レザーのバッグにおいても同様です。

10933121_1009282235767232_1805195498_n-500x375

革ジャンを吊るすハンガーに関しては、
着用している時間より圧倒的に長い時間吊されるため
型くずれを防ぐためにも肩幅に合うサイズで
程よい厚みのしっかりした木製ハンガーがオススメです。

DSCF7751

不織布(ふしょくふ)のスーツカバーをかけて
ハンガーバーに掛けてクローゼットに収納するのがオススメです。

湿気が気になる場合は除湿剤や乾燥剤も一緒に入れてみてください。

あなたの大切な人生の相棒となる革製品が
カッコよく経年変化を遂げていただけることを心より願っております。

▼レザーのメンテ・着こなし方などの役立つ記事はコチラ▼

>> 革ジャンの着こなし方・大人コーディネート術

>> 革ジャン・革製品のお手入れ方法

>> 作品の仕上げやメンテの愛用品

>> 自分でできる簡単な革の帽子のお手入れ方法

>> 誰でも簡単にできる簡単な革のハットのお手入れ方法

>> ヌメ革ハットのシミ取り方法

>> レザーが雨に濡れた時の対処法

>> 新生活・衣替えの季節にご愛用いただいてる必須アイテム

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !
Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

▼Bobby Art Leather ® Web Shopはコチラ▼

web_shop_balヘッダ

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather ®[ボビーアートレザー]

▼LINE公式アカウントページ ID▼
  @bobbyartleather

 

cFti



ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5丁目7−19 高岡セカンドハイツ101

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

▼ブログランキング参加中▼

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ

↑↑↑読んだらいますぐワンクリックorタップ↑↑↑

 

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


▼ブログランキング参加中:いますぐバナーをクリック!▼
▼ショッピングは今すぐ下のバナーをクリック▼
web_shop_balヘッダ

2020-02-25 | Posted in INFORMATION, Philosophy of lifeNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼