制作工程その6『革ヒモの繋ぎ合わせ編1』

blog_import_5253b6c3e1cf2完成までの工程をあと4回に分けてお届けしてまいりますので
しばらくお付き合いよろしくです。
ココからも、教則本などには、あまり載っていない独自の工程ばかりが続きますので
じっくり解説付きで進めてまいります☆(このブログを熱心に読んでくれているあなたのために)

既製品の長~い平ヒモのほうが安くて便利なのですが、
強度や馴染みの面でちょっと違和感を感じてしまうので、
僕の場合は、手間とコストがかかってでも一枚のレザーを紐状にカットしながら編み込むので
やはり、長さが限られてしまいます。

そこで、繋ぎあわせる時、二つの方法を使い分けてます。
(これもヴィンテージの革ジャンを元に考えたので我流です;汗)
そのひとつが下記の方法です↓


blog_import_5253b6adea06d
blog_import_5253b6b34fb6d
レース用の針を留めていた方の革を継ぎ目にしたい箇所でカットして・・・


blog_import_5253b6b474d5d
レース用の針を留めていた方の革に切れ目を入れて


blog_import_5253b6b59b2be
さっきの切り目に表側の面から新しい方の革ひもを通します。


blog_import_5253b6b88f1be
新しい革ヒモにも切り目を入れ、、、
その切り目に表側の面から革ヒモを通します。


blog_import_5253b6ba6e337
目立たない箇所ではこの方法が切れずにすみます。(経験上;汗)


blog_import_5253b6bad6cbd

続いて、袖の赤染めの箇所の仕上げを手縫いしてまいります。


blog_import_5253b6bc148fc
ネジネン(飾り線(ネン)を引く工具。ネジ式でネン幅の調節が可能)を使ってアタリをつけます。


blog_import_5253b6bd47c74
菱目打で穴をあけて・・・


blog_import_5253b6be69430
続いて・・・


blog_import_5253b6bf92686
蝋引きの専用糸で・・・


blog_import_5253b6c131cb7
編み込んでゆきます。(菱目の向きにあわせて)


blog_import_5253b6c2a9f67
袖口の組み立て、ひとまず完了☆

続いて同じ工程をもう一度くりかえして・・・

それでは制作工程その7へ・・・

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2014-09-18 | Posted in MAD MODELNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼