制作工程その7『バッテン編み(造語)』編

さて、さっそくまいりましょう!
ココからも、教則本などには、あまり載っていない独自の工程ばかりが続きますので
じっくり解説付きで進めてまいります☆(このブログを熱心に読んでくれているあなたのために)
今日はパーツとパーツを繫ぎ合わせる『バッテン編み(造語)』を・・・

blog_import_5253b6c97cdae
まずひたすら穴をあけて・・・(失敗が許されないので集中)
音が響いても差し支えない昼間の時間帯(騒音問題は結構重要)に穴あけ工程を済ませましょう


blog_import_5253b6cb39f38

blog_import_5253b6ccd6791
一定のテンションを保って、ひたすらグルグル通してゆきます。


blog_import_5253b6ce9d5e7

blog_import_5253b6d07dd43
端まで通すと引き返します。


blog_import_5253b6d21eeca
通し終えると・・・


blog_import_5253b6d3e0686
内側の輪の間に通してゴムのりで接着☆


この工程をひたすら繰り返してまいります。(数日かかりますけど;汗)↓


blog_import_5253b6d5c59d7

blog_import_5253b6d7097f3
この編み方は、二重で通すことになるので結構丈夫だと思ってます。
なにより・・・カッコイイ!!!!

レザーと向き合いながらいつも感じること…
『楽』な工程はひとつもないけれど
『楽しい』気持ちは持続しっぱなし(笑)

『夢中』になれることを通じて知り合えた人達は
僕にとってなによりの財産です。
次はファスナーの取り付けにまいりましょう☆







Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2014-09-18 | Posted in MAD MODELNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼