ほめる 達人 と 革小物(携帯 靴べら ケース)|ほめ逹 48 バースデー プレゼント

大阪発ロック系レザーファッションを展開する

ビスポークレザーブランドBobby Art Leather (ボビーアートレザー)

レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

Exif_JPEG_PICTURE一般社団法人 日本ほめる達人協会のスタッフの方から

『ボビーさん、Bossの誕生日に靴べらをスタッフからプレゼントしたいのですがお願いできますか?』

とご相談をいただきました。

もちろん僕は即OK!協会のスタッフの方が僕に声をかけてくれたこと

そして心の友である”ほめ逹”(西村貴好)さんの誕生日プレゼントを制作させていただけること

すべての出来事が嬉しくてハッピーな気持ちになりました。

10363710_862461527115971_8767270772931843391_n
このBlog記事を読んでいただいてるあなたに”ほめ逹”(西村貴好)さんのことをご紹介させていただきますネ。
”ほめ逹”こと西村貴好さんは一般社団法人 日本ほめる達人協会理事長として、人を”ほめる”ことの大切さを全国に普及させてる人物であり近年では日本を飛び出し世界で活躍される心優しき人物です。

”ほめ逹”=人・モノ・出来事の価値を発見する達人

出逢ったのは2011年の夏だったと思います。

『ボビー!紹介したい人がおんねん!”ほめ逹”さんって人がおるんやけどボビーとメッチャ気が合うと思うねん!ボビーみたいになんか・・・すごくアツい人やねん!』

集まりの席などで何人もの人が声をかけてくれるので、ずっと気になってた方でした。


Exif_JPEG_PICTURE
ちょうどタイミングよく大阪で”ほめ逹”さんの講演があったので行ってみると、ふだん僕もココロで感じてることをわかりやすい言葉で語ってくれていてそれはそれは驚きの連続でした。それと同時になぜか涙が止まりませんでした。それくらい価値ある言葉を”魂”で語る人でした。

後でお話させていただくと年齢も同い年やしブルース・スプリングスティーンの大ファンやし・・・

”縁”というのは不思議なもので当時、ご一緒させていただく機会が続いてましたし、僕の夢や人生に無くてはならない存在になっていました。


Exif_JPEG_PICTURE
僕は言葉による表現より、デザインやモノを作ることで想いを表現するほうが得意なほうなので

人前に出て話す機会も滅多にないのですが、”ほめ達”さんの言葉を借りるとするなら幾つか伝えたいことがあります。

・相手の存在価値を認め、ピンチをチャンスに転換し、すべての事柄を「チャンス!」にする

・すべての出来事は、必然・必要ベストと考える

・口癖は・・・・すごい!さすが!素晴らしい!


何気ない日常の中で、人やモノの悪いところについ目が入って批判しまいがちになるんだけれど

例え小さくでも人やモノの良いところに視点を向けてフォーカスして見つけ出して、良かったことを常に相手に伝えて続けていく習慣を身に付けることで、短所がカバーできるくらい長所を伸ばしてくれたり、人間関係が好転したり、会いたい人と巡り会えたり、特にここ数年引き寄せパワーが増したような気がします。

Exif_JPEG_PICTURE
この靴べらケースを制作する間、久しぶりにほめ達さんの講演の音声を聴き直したり本を読み返したりすることができました。

何度も聴いてるはずなのに今だから聴こえる言葉が見つかってとても良い時間でした。

BOX“à’£‚èほめ達さんのテーマカラーであるオレンジの革ケースが
毎日の旅の途上で良い経年変化を遂げてくれることを願っています。
そしてこの革小物がほめ逹さんの人生のラッキーアイテムに育っていただけることを心から願っています。
ご縁に感謝!


一般社団法人 日本ほめる達人協会
公式サイトはコチラ
http://www.hometatsu.jp/index.html

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

一瞬も 一生も カッコよく・・・

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather [ボビーアートレザー]

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5-7-19高岡セカンドハイツ101

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2016-02-19 | Posted in Philosophy of lifeNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment