たとえ遠まわりの人生でもきっと意味はある

大阪発ロック系レザーファッションを展開する

ビスポークレザーブランドBobby Art Leather (ボビーアートレザー)

レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

12439383_1230927953602658_1689005214528183888_n
2016年3月1日(火)名古屋ハートランドスタジオにて開催された”魂のドラマー矢野一成ドラムワークショップ”の会場で、たくさんの地元の方とご縁をいただきました。

その中で、名古屋で長渕剛さんの歌に特化したスタイルで音楽活動を続けている佐藤拓矢さんという青年とご縁をいただきました。彼と共通の友人や昨年夏にアトリエに遊びにいらしてくれた車イスアスリートの廣道純さんから拓矢さんのことをお聞きしていたので、きっとどこかのタイミングでお会いできるんだろうなぁって感じていました。

o0480073813583211773(Takuya Nagabuchiオフィシャルブログより拝借)

拓矢さんのブログでBobby Art Leather (ボビーアートレザー)のことをご紹介いただいててビックリ!そのブログ記事はコチラ

http://ameblo.jp/takuya-nagabuchi/entry-12135368793.html

オフィシャルブログ『Takuya Nagabuchiの“未来”へ向かって


拓矢さんとお話して、いろんなことを想い出しました。

革の仕事から話題がそれる内容のブログ記事になってしまうけれど

今回は少し過去を振り返って個人的なことを書いてみたいと思います。

僕は瀬戸内海に浮かぶ小豆島で生まれ18まで島で過ごしました。

幼少の頃は部屋にこもってテレビの前で絵を描くばかりで、かなりの人見知りでした。

内向的な僕を心配した両親は地元の祭りののど自慢に歌わせたりして人前に出る経験を積ませました。

おかげで歌うことは得意で、ギターが弾ける友人宅でギターに合わせて松山千春さんやオフコースの曲を歌って楽しんでいました。高校1年の冬に友人からフォークギターを譲ってもらいチャゲ&飛鳥や長渕剛さんの曲を自力で弾き語りするようになりました。

高校の先輩や同級生からバンドに誘われて甲斐バンドやアースシェイカーやツェッペリンやスコーピオンズを歌うようになり、小豆島を出てバンドを組みたいと思うようになりました。

勉強もしてなかったし、ちょうど絵を描くだけで受験できる大阪芸大に合格して大阪へ・・・

大学には授業だけ出席してあとの時間はバンドメンバー探しの毎日でした。

まわりはヘヴィーメタルやジャズやブルースなど洋楽しか聴かない人ばかりで音楽性が合う仲間と出逢えず、結局ギター一本で歌える場所を探しました。

カセットテープとプロフィールをライブハウスに幾度持ち込んでも聴いてさえもらえず、コンテストに応募してもまわりの友人達は決勝まで勝ち進んだり、メジャーデビューしても僕はいつもテープ審査で落ちてばかりでした。

そんな日々の中でも僕に手を差し伸べてくれる大人もいました。

派手なギラギラの衣装を着て、MC内容も決められ、曲を作っても意図しないアレンジで歌わされたりして、進みたい方向とは真逆のバンド活動だったけれど、藁にもすがる思いだったのでしばらく続けてきました。

『オマエ世に出たいんやろ?売れたいんやろ?それなら黙ってオレの言う通りヤレ!売れたら好きな事できるんや!』

毎日毎晩呼び出され叱られ諭されながら続けてきたけど、なにが正しいのか信じられなくなってひとりで悶々としていました。

ちょうどその頃、大阪城ホールで長渕剛さんのコンサートがありました。

長渕さんの歌が当時の自分の胸に突き刺さって、悔しくて、みじめで涙が止まりませんでした。

LICENSE-500x353
終演後、気持ちが抑えられなくなった僕は、雨の中ギター取り出して大阪城ホールの外でひとりギターをかき鳴らして思いの丈を長渕さんの歌にのせて絶叫していました。するとだんだん人が集まってきて耳を傾けてくれました。ちょうどそのツアーの場外の模様をたまたまビデオクルーの方が見つけてくれて僕の様子を撮ってくれました。

Exif_JPEG_PICTURE
その後『LICENSE Tsuyoshi Nagabuchi LIVE’87』の映像の中に収録されているのを知りました。

あれから約29年・・・

その映像を観て育った拓矢(Takuya Nagabuchi)さんと出逢いました。

僕がひたむきに生きるミュージシャンを応援する理由は、若い頃のほろ苦い経験があったからなのかもしれません。

僕はこれからも自分らしさを大切に生きるひとりひとりのために、ひとつひとつのレザーアイテムをラブソングを作るように作り届けてまいります。

時に振り返るキッカケをつくってくれた出逢いに感謝!

コチラの記事も併せてご覧ください→”いつかの少年との約束

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

一瞬も 一生も カッコよく・・・

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather [ボビーアートレザー]

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5-7-19高岡セカンドハイツ101

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2016-03-04 | Posted in Philosophy of lifeNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment