見えないところもハンドメイドのこだわり(革 専用糸 で 手縫い・ディアスキン・革製・帽子・販売・制作・注文・カスタム・オーダーメイド)

2016年も12月に突入してからホント時間の流れが早い気がします。

僕は相変わらずアトリエで制作に励んでおります♪

15420802_10154626173800199_8423171722457217331_n
関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する

ビスポークレザーブランドBobby Art Leather (ボビーアートレザー)

レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-12-19-9-50-26%ef%bc%89
すべての工程が手仕事なので完成までにお時間いただいてるのですが

ひとつずつ想いを入魂しておりますので楽しみに待っていてくださいネ。

個人的に”仕事(数)をこなす”っていう感覚は好きではないので・・・

15267889_10154594867150199_1184281119207436338_n
頭囲は約58cm〜59cmほどなのですが、オーダーいただいたお客様の頭囲に

なるべく合わせて一点一点、微調整させていただいてます。

実例としましては約54cmや60.5cmなどで制作させていただいてます。

たまには、アトリエでの日常の様子などをお伝えしてみたくて動画を撮影しました。

▼アトリエでの様子をご覧ください▼



こんなふうに元気で過ごしております(笑)

普段見えないところもすべて手仕事(ハンドメイド)で制作させていただいてます。

完成したら革の神棚にお祈りして、手書きメッセージを添えて梱包してお届け・・・


dscf3070

2016年にリリースして以来、スタンダードな人気のレザー帽”PRIDE-001

キャスケットとハンチング帽の要素をミックスさせたベーシックな中にも新しいレザーアイテムです。

dscf3084
ハンチング帽のようにフラットにかぶってみたり・・・

dscf3075
ベレー帽のようにクラウンの部分をナナメにしてかぶってみたり・・・

dscf3071
ひとつの帽子で様々な表情を楽しめることが人気なのかもしれません。

dscf3065
それともうひとつ、素材が”第二の皮膚”とも呼ばれている人の肌に近い

鹿革(ディアスキン)を使ってるので一年中使えるということも

人気の要素のひとつかもしれないです。

▼レザー帽”PRIDE-001”の詳細記事はコチラ▼

>> 長渕剛ドラマー矢野一成コラボモデル”PRIDE-001”開発秘話

>> 人気モデルレザー帽”PRIDE-001”サイズ展開予約受付中

▼レザー帽”PRIDE-001”のWeb予約・購入は今すぐバナーをクリック▼

*ご予約時に頭囲のご希望サイズのメッセージを添えていただければ微調整させていただきます

Bobby Art Leatherはレザーファッションを通じて

カッコいいオトナを演出するためのツールを届けていきたいと願っています。

▼コチラの記事もあわせてご覧ください▼

>>ハンドステッチの伝道師として

>>革ジャンを作る理由

>>モノ作りのうえで大切にしていること

>>Bobby70’sロック系革ジャンの作り方を公開中!

>>革ジャン制作の教科書

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

一瞬も 一生も カッコよく・・・

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather [ボビーアートレザー]

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5-7-19高岡セカンドハイツ101号

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2016-12-19 | Posted in Philosophy of lifeNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment