鹿3頭分を纏う レザー シャツ ジャケット #HN-002(オーダー・注文・販売・大阪・革ジャン・ 70’s・ヒッピー)

いつもブログをご愛読いただきましてありがとうございます。

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する

ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)

小豆島出身レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。


スクリーンショット(2017-10-28 13.44.19)

旧ブログサイトをスマホ対応にフォーマットを修正していたところ

現在のウェブサイトに移行していない記事がたくさん見つかりましたので

少しずつコチラのサイトに追記を含めて綴らせていただきますネ♪


Exif_JPEG_PICTURE

以前オーダーいただいたディアスキンレザーシャツジャケット”#HN-001”の次に

制作したのがこの↓↓↓↓↓”#HN-002”↓↓↓↓↓


_130128BAL_240


130128BAL_270


_130128BAL_273


_130128BAL_276


_130128BAL_278




blog_import_5253acc8c76bd

基本は”#HN-001”に近いのですが、腕の長さと襟のインレイを連石エイに


blog_import_5253acd54ba9c
ボタンをヴィンテージのオルテガ製チマヨベストのシルバーコンチョを使いました。

カラーリングは黒のディアスキンとキャメルのディアスキンの革紐のツートン


blog_import_5253acdb7419f
ディアスキンにトレースした時の画像が残っていました。

blog_import_5253acdedfb08

この時に使用したディアスキン(鹿革)はわりと大きめのサイズだったので

2枚と革ヒモ用の1枚の合計3枚・・・


_130128BAL_271
つまり一着のレザーシャツジャケットを身に纏うということは

鹿3頭分の命を羽織っていることになるんですネw(゚o゚)w♪


Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ちなみにこのジャケットは

DSCF0663

中国の大人気アーティスト”アンソン・ピン(平安)”氏の

アルバムジャケットの歌詞カード(ブックレット)の中で

着用いただいてます。


▶その時のブログ記事はコチラ


_130128BAL_228

やっぱりディアスキン特有のシボ感や軽さ、そしてしなやかさは

たまらなくカッコよくてステキに思います。

▼レザーシャツジャケットHNシリーズはコチラ▼

HN-Series

▼コチラの記事もあわせてご覧ください▼

>>ハンドステッチの伝道師として

>>革ジャンを作る理由

>>革ジャン制作の教科書

>>Bobby70’sロック系革ジャンの作り方を公開中!

>>モノ作りのうえで大切にしていること

>>70’sROCKファッションの世界を凝縮したハット

Bobby Art Leather ®はレザーファッションを通じて

カッコいいオトナを演出するためのツールを届けていきたいと願っています。

▼レザーファッション・革のお役立ち情報はコチラ

%e3%81%8a%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

一瞬も 一生も カッコよく・・・

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather ®[ボビーアートレザー]

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5-7-19高岡セカンドハイツ101号

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

 

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2017-10-28 | Posted in HN-series, Philosophy of life, SPECIAL MODELNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼