革ジャン の パーツ作り(手裁ち・銀ペン・制作工程・オーダー・ライダース・湘南乃風・RED RICE モデル)

8月に突入したアトリエから今回もブログをお届けします♪

一着の新しいデザインの革ジャンが完成するまでの道のりを

湘南乃風のリーダーRED RICEさんの制作を通じて

制作工程の様子を書き残していくと予定していたところ

ずいぶん期間があいていたのですが

時間をみつけて書いていきますのでしばらくお付合いくださいネ♪

-1

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する

ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)

レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

DSCF8230
型紙をレザーにあてて銀ペンを使ってトレースします。

穴をあけるための無数の点々もひたすら書き込んでいくので

パーツ数が多い制作物はトレースだけで数日かかってしまう場合もあります。

DSCF8238
ちなみにコレがメインで使っているMy銀ペンです。

ワークショップ用にスペアの新型も所有してるのですが

使い慣れた旧モデルを使っています。

DSCF8219
パーツをトレースし終えたら、今度はひたすら各パーツ毎にカット(手裁ち)していきます。

ちなみに僕はOLFAのカッターナイフ(左利き用)をメインで使っています。


DSCF8223
制作に没頭し過ぎて部分のパーツしか撮影できなかったのですが

ひと通りパーツを手裁ちし終えたら、今度はひたすら革ひも作り・・・

DSCF8237
Bobby Art Leather ®といえば、革ひもを編み上げて構成する

ハンドステッチ(ハンドレーシング)が最大の特徴なので

革ひもだけで馬革一枚分まるまる使いきるので、革ひもがしめる割合はとても大きいです。

DSCF8233
各パーツをゴムのりで貼り合わせたあとはポンチを使って

穴をあけていきます。

DSCF8232
穴を間違えてしまうと修正が効かず失敗が許されない工程なので

毎回神経をつかって一発ずつ木槌で打ち込んでいきます。


ブログに綴ると写真を見ても、今回の工程もいささか地味目ですネ(笑)

でも今回の工程も根気のいる手仕事です♪

次回はハンドステッチに着手してまいりますのでお楽しみに♪


▼ 制作工程のカテゴリーはコチラをご覧くださいネ ▼

RRRバナー

ボビーアートレザーはレザーファッションを通じて

あなたの個性を引き出すお手伝いをさせていただきます。

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

▼レザーファッション・革のお役立ち情報はコチラ

%e3%81%8a%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather [ボビーアートレザー]

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5丁目7−19 高岡セカンドハイツ101

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2018-08-02 | Posted in BLOG, Philosophy of life, Red Rice RidersNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼