Snake head Hunting hat (BLACK DEER) 予約 受付 販売(鹿革・ハンチング帽・ハンティング キャップ・皮革・帽子・オーダー)

下町ロケットの新シリーズが始まってますネ。

主人公の佃航平氏の口ぐせでもある

『どんな難問にも必ず答えがある』『困難の中にこそチャンスはある』

このセリフに僕もモノ作りに関わる経営者のひとりとして気持ちがアツくなります。

20229265_1759904397371675_6652236777612488547_n

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する

ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)

小豆島出身レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

DSCF9983

前回のSnake head Hunting hat(BLACK HORSE)に引き続き

Snake head Hunting hat (BLACK DEER) の

予約受付販売を開始しました。

DSCF9997
Bobby Art Leather ®史上初のレザーハンチング帽

しかもディアスキン(鹿革)!

DSCF9978
その名は”Snake head BLACK DEER(スネーク・ヘッド・ブラック・ディア)”


スネークヘッド
ネーミングの由来はハンチング帽のフォルムがまるで

肉食魚スネークヘッドのような流線型でワイルドな佇まいに感じたので命名しました。


DSCF9979 DSCF9980 DSCF9981 DSCF9982 DSCF9984

Bobby Art Leather ®の特徴である

革ひもの編み込みによる柄が

独特のアクセントとなり唯一無二の風合いを醸し出します。

DSCF9986DSCF9987DSCF9988

第2弾はディアスキン(鹿革)黒ヴァージョン!

この商品に関しまして

Web Shopにて予約受付販売というカタチをとらせていただきます。

DSCF9975

ご入金いただいたお客様から順次納期スケジュールを

ご連絡させていただきますので安心してご予約ください。

DSCF9969 DSCF9970 DSCF9971DSCF9976

鹿革は軽くて柔らかく、通気性にも優れているので

身体に馴染みやすく第二の皮膚とも呼ばれています。

DSCF9994

頭囲サイズは約58cmの標準サイズです。

DSCF9985

普段でも気負わず使えるベーシックなハンチングに

ハンドステッチの技をすべて注ぎ込んだ他にはない逸品を

あなたの相棒に加えていただければ幸いです。


▼商品の詳細写真・ご予約はコチラ▼




素材:鹿革

本体価格:¥49,800-(税込み価格)

▼コチラの記事も併せてどうぞ▼

>> オリジナルレザーハンチング帽(プロトタイプ)

>> オリジナルレザーハンチング帽(ディアスキン)

>> 帽子サイズの測り方(ハット・キャスケット)

>> 誰でも簡単にできる簡単な革のハットのお手入れ方法

>>70’sROCKファッションの世界を凝縮したハット

>>ハンドステッチの伝道師として


DSCF9900

例えば20年後・・・

伝説として語り継がれていくような・・・

そんな革製品をつくり続けてゆきたい・・・


Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

▼レザーの魅力・革のお手入れ・お役立ち情報はコチラ

%e3%81%8a%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather [ボビーアートレザー]

▼LINE公式アカウントページ ID▼
  @bobbyartleather

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5丁目7−19 高岡セカンドハイツ101

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼