ハーレー と 革ジャン との相性は・・・1

大阪発ロック系ファッションを展開するビスポークレザーブランド Bobby Art Leather (ボビーアートレザー)レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔です。
先日、尼崎のハーレーダビッドソンジャパン (Harley-Davidson Japan)さまへ友人が連れていってくれました。久々に観るハーレーにシビレっぱなしでした♪

11016319_1019634928065296_146999498_n
実は僕も21の頃、ギターぶらさげて北海道にヒッチハイクの旅に出た時、沢山のバイカーや旅仲間と出逢いました。そこからバイクに興味を持ち、中型免許を取り、ハーレー風アメリカンバイク(Virago)に乗ってました。それでも気分はイージーライダー♪バイクをよりハーレー風に近づくようにカスタムパーツを通販してオリジナル仕様にしたり、ハーレーロゴのTシャツやレザーキャップそして上着を揃えライブ会場や音楽スタジオに通ってました。かれこれ25年も前のことでした。


0111
先日友人とアトリエでカスタムオーダーの会話になり、そういえばバイクも自分仕様にカスタムしていくよネって・・・そういえばバイクを通じて着る服であったり身につける小物であったりライフスタイルそのものがアメリカンバイクハーレーが醸し出す世界観へと自然に寄っていく経験をしました。

Exif_JPEG_PICTURE
カスタムを楽しみながら自分のライフスタイルに合わせていく・・・それはBobby Art Leather(ボビーアートレザー)がもっとも得意とすること・・・ひょっとしたらハーレーと革ジャンとの相性も合うかもネという会話で盛り上がり、ハーレーを自分仕様にカスタムしてるオーナーのもとへ会いに行ってまいりました。

Exif_JPEG_PICTURE
バリバリにカスタムされたハーレーとハンドメイドのボビーアートレザーの革ジャンと初のフォトセッションをおこないました。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
カスタムされたこの一台のハーレーもカスタムパーツ一点一点削り出したり加工したりオリジナル仕様だそうです。Bobby Art Leather(ボビーアートレザー)のレザーアイテムも革ひも1本から切り出し一点モノのオリジナルレザージャケットをカスタムオーダーしてますのでやっぱり相性バツグンでしょ?

バイカーの革ジャンと聞いて思い出すブランドって、Leathertogs ( レザートグス) 、Langlitz Leathers (ラングリッツ)、SCHOTT (ショット) 、BUCO (ブコ) 、KADOYAさんあたりでしょうか・・・

そのカテゴリーにBobby Art Leather(ボビーアートレザー)はまったく属さない、はみ出したスタイルの革ジャンなのですが、カスタムされたハーレーには抜群に合うことがわかりました。最高にCOOLなハーレーにまたがらせていただきありがとうございます。
次回へ続く


デザイナーはある種ドクターだと思います。こだわりを感じるオリジナルの革ジャンや革小物を欲しいと感じてはいるけれど、絵も描けないしうまく表現できないといったお困りの方に、カウンセリングを通じてまるでドクターのように、具体的なデザイン画に表現して悩みを解決して差し上げたいと考えてます。

もしこのブログ記事を読んでくださってる方の中でひとりで悩まれてましたらメッセージくださいネ。ひょっとしたら簡単に解決できるかもしれません。オーダーする・しないの返信はその時点では気にしなくてOKですので♪楽しみながらアイデアを膨らませてまいりましょう!
自分らしさを大切に生きる人達へ・・・

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

一瞬も 一生も カッコよく・・・

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather [ボビーアートレザー]

cFti

ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5-7-19高岡セカンドハイツ101

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2015-02-24 | Posted in BLOG, Philosophy of lifeNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment