USER’S VOICE:フライングVメダリオンオーナーJ.T.氏オーダーギターストラップ

ロック系ファッション・レザーブランド Bobby Art Leather(ボビーアートレザー)レザーアートクリエイターのボビーです。オリジナルギターストラップをオーダーいただいたギブソン フライングV メダリオン 1971オーナーJ.T.氏からUSER’S VOICEのメッセージをいただきました。

Exif_JPEG_PICTURE
メチャクチャカッコええ‼️ボビーさん、ありがとうございます。black & redのコントラストがメチャいいですね。スワロフスキーもいいアクセントになってますね。メダリオン装着感もバッチリでまさにARMED and READYて感じで気合いが入ります。皮ジャンとハットとメダリオンwithストラップの組み合わせも良かったですねえ。海外デザイナーの話しも面白く、楽しい時間を過ごさせていただきました。

10609361_1031547593540696_840602627_n
一生もののストラップと共にいい記念になります。今晩はライブに向けてスタジオ練習です。あのストラップ付けてメダリオンを唸らせてきます。


11023020_1031547770207345_1281132370_n
「ボビーさん、楽器屋さんに行けば数千円でストラップは買えるんですよ。革のストラップも1万円台で買えるんです。でもデザインはありきたりで面白くないし、それなら数千円のストラップでもいいかなって安い方を買っちゃうんです。でもボビーさんのギターストラップは見た事もないデザインでカッコいいですし、細かい要望も叶えてくれるし、なによりギターと合うしオーダーしてホント良かったです♪」


11063003_1028735203821935_1776410903_n
ギターストラップサイトGuitar Strap|1971 FLYING V MEDALLIONはコチラ

Exif_JPEG_PICTURE
Google検索を通じてボビーアートレザーのことを見つけて、アトリエに足を運んでいただき、こころよくオーダーしてくださった事に感謝の気持ちでいっぱいです。これからもずっと使い続けていただいて フライングV メダリオン 1971のようにギターストラップがJ.T.さまの人生に寄り添う存在に経年変化をしてくだされば嬉しいです。これぞレザーアートクリエイター(革職人)冥利に尽きます。

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !
Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather
時には枠からはみ出る勇気を持つカッコいい大人のために・・・
時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のメンズレザーブランド

Bobby Art Leather
http://bobby-art-leather.com/
10:00〜19:00(年中夢中/不定休)
アトリエ 〒533-0021大阪府大阪市東淀川区下新庄5-7-19高岡セカンドハイツ101
*アクセスはコチラ→http://bobby-art-leather.com/access
Bobby Art Leather Web Shop
http://bobby.fashionstore.jp/
Bobby Art Leather(ボビーアートレザー)の最新情報はコチラ→http://bobby-art-leather.com/blog/information

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

バイカーやロッカーの革ジャンや革小物と聞いて思い浮かべるブランドって、Leathertogs ( レザートグス) 、Langlitz Leathers (ラングリッツ)、SCHOTT (ショット) 、BUCO (ブコ) 、レッドムーン、KADOYAさんあたりでしょうか・・・
どちらかといえばボビーアートレザーは、アメカジ系雑誌ライトニング・デイトナブロス・Free & Easy・CLUTCHなどを購読されている経年変化フリークの方や、ロバートワーナーレザー、ノースビーチレザー、イーストウエスト、サウスパラディソ、ヘンリーデュアルテ、シェアスピリット、Lost Artといった70’sロックファッションフリークの方、クロムハーツ、ビルウォールレザー、レナードカムホート、ガボールといったシルバーアクセサリーのコレクターの方からもカスタムオーダーのお問い合わせを多数いただいてます。
ひとつの型にはまらないファッションコーディネートを楽しみたいロックなオトナのために最高の逸品をお届けしたいと願ってます。

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2015-03-15 | Posted in USER'S VOICENo Comments » 

関連記事

Comment





Comment