エキゾチックレザーキャスケット”Shark & Sea turtle”が出来るまで【その5】

インターネット上に無数のレザーブランドがあるにも関わらず
Bobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)のブログにお越しいただきありがとうございます。

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する
ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)
小豆島出身レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

Exif_JPEG_PICTURE
これまでたくさんのレザー帽をハンドステッチ の手法で制作させていただきました。
その中でも今回初めてエキゾチックレザー(鮫革・ウミガメ)を使った世界初のキャスケットの
オーダーをいただきました。

そんなリッチ感のあるレザーキャスケットが出来上がるまでの工程を
数回に分けて綴らせていただきます。

>> 前回のブログ【その1】はコチラ

>> 【その2】はコチラ

>> 【その3】はコチラ

>> 【その4】はコチラ

Exif_JPEG_PICTURE
今回の制作工程は、いよいよブリムとクラウンをひとつにして
仕上げの方向に向かっていきます。

通常はブリムとクラウンを簡単に接着(仮止め)できるのですが
鮫革の表面は糊が思うように付かないのです💦
そこで色々試した挙句ズレないようにクリップで仮固定しました。

Exif_JPEG_PICTURE
鹿革で作った頭囲部分のパーツを慎重に貼り付けていきます。

130546792_695309841157103_2396933803975765705_n
貼り付けて一体化したパーツ類を縫い合わせるために穴を貫通させていきます。
ここでズレてしまったら即アウトなので、一番集中力が試されます。

Exif_JPEG_PICTURE
先ほどあけた穴に針を刺して手縫いしていきます。
使用する縫い糸は蝋を塗り込んだ手縫い専用の太い糸です。

DSCF2824
無事カッコよく縫製完了♪

Exif_JPEG_PICTURE
次にオプションとなるのですが、大きいロゴコンチョボタンをレザーで包み
経年変化で革の表面にうっすらとロゴが浮き出るようにしたいとのご要望をいただきました。

Exif_JPEG_PICTURE
薄手の鹿革を丸くカットして周囲に穴を開けていき・・・

Exif_JPEG_PICTURE

穴に糸を通して糸を絞り込んでいきました。

Exif_JPEG_PICTURE
超〜贅沢すぎるクルミボタンの完成です!

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
シャークスキンのキャスケット本体に取り付ければ
この世で一番リッチ感満載のレザー帽の完成です!!!

DSCF2817
次回はいよいよ完成したレザーキャスケットの全貌を
披露させていただきますので次回の更新をお楽しみに!

Stay Positive!
Bobby Art Leather for Japan for Everyone !
Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

▼Bobby Art Leather ® Web Shopはコチラ▼

web_shop_balヘッダ

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather ®[ボビーアートレザー]

▼LINE公式アカウントページ ID▼
  @bobbyartleather

cFti



ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5丁目7−19 高岡セカンドハイツ101

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

▼ブログランキング参加中▼

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ

↑↑↑読んだらいますぐワンクリックorタップ↑↑↑

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


▼ブログランキング参加中:いますぐバナーをクリック!▼
▼ショッピングは今すぐ下のバナーをクリック▼
web_shop_balヘッダ

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼