Wild Leather Hat クロコモルグ成長記 その1(4/6 Bobby Art Leather 創業記念日にて)

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する

ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)

レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。


Exif_JPEG_PICTURE
おかげさまで2017年4月6日Bobby Art Leather ®創業4周年を迎えることができました。

これもひとえにBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)を愛してくれるBLOG読者の

あなたと出逢えたおかげです。

そしてロックミュージシャンの皆様、制作に関わってくれるパートナーの皆様にも

感謝の気持ちでいっぱいです。

商標登録も完了して、これからも価値あるレザーファッションアイテムを

あなたにお届け出来るよう突き進んでまいりますので

これからも変わらぬおつきあいの程よろしくお願いします。


Exif_JPEG_PICTURE
創業4周年を機に、新作のレザーハットWild Leather Hat初号モデルの

成長記を一年間にわたって、毎月6日(ろく=ロック)

ブログに綴ってまいります。

DSCF4170
アルコタンニンレザーのヌメをクロコ柄にリアルな型押しを別注で作った素材の

経年変化の様子をレポートしてまいります。

DSCF4171
まだ初々しい色のヌメ革がどのように経年変化していくのか楽しみです。

同じ仕様のハットを数量限定で販売開始した際に

参考にしていただければと思います。

DSCF4167
ヌメ革はデニム系やターコイズ系との相性がいいので

久々にGジャンと合わせてお出かけしてきました。

DSCF4359
豊臣秀吉公を奉っている豊国神社に、感謝とこれからのことを祈願してまいりました。

DSCF4199
また桜の季節にWild Leather Hat初号モデルが

どのように成長していくのか楽しみでなりません。

DSCF4202
それまで、同じ一年を繰り返さないよう

Bobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)も

日々成長してまいりますので、ヨロシクお願いします♪

スカルロゴループ

【創業日が4/6の理由】

4/6は家内の誕生日…
まだ僕が20代の頃、音楽活動が
うまくいかなくなった時も…
仲間達が離れてしまった時も…
僕のワガママに付き合ってくれたのが
現在の家内でした。

家内の夢を叶えることがなかなかできないけれど
家内のためにも
仕事の節目を大切にしたくて
家内の誕生日を創業記念日にしました。

家内とは毎日Bobby Art Leather ®のレザーアイテムを買って知り合いになった
色々な人達のことを話しています。

僕達はBobby Art Leather ®を愛用してくれる人達の親友でありたいと思っています。

そんなあなた(親友)の人生に寄り添うレザーアイテムをこれからもお届けしてまいります。

▼コチラの記事もあわせてご覧ください▼

>> ハットのブリム(ツバ)周囲のサイズについて

>> 帽子サイズの測り方(ハット・キャスケット)

>> レザーハットが生まれた理由

>> 誰でも簡単にできる簡単な革のハットのお手入れ方法

>>70’sROCKファッションの世界を凝縮したハット

>> ハット・革ジャンをオーダーしてくれる皆様の共通点とは

▼レザーファッションのお役立ち記事はコチラを覧ください▼

%e3%81%8a%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

一瞬も 一生も カッコよく・・・

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather [ボビーアートレザー]

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5-7-19高岡セカンドハイツ101号

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2017-04-06 | Posted in growth, Philosophy of lifeNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment