小豆島産 ディアボタン仕様 レザー・キャスケット(ディアスキン・革製・帽子・販売・制作・注文・カスタム・オーダーメイド)

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する

ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)

小豆島人レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

▼まずはスライドショー(30秒)をお楽しみください▼

Bobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)創業以来人気のレザーキャスケットシリーズ

その中でも大きめのクラウンタイプは、一番最初に制作したデザインのレザーキャスケットでした。

DSCF7479
バイカー系・ロック系・アメカジ系・男性・女性問わず

お好みのファッション・コーディネートに取り入れてくださっています。

頭囲サイズは58cmを標準サイズとして販売しておりますが

様々なサイズのご要望のオーダー(ご注文)をいただく機会が増えてまいりましたので

商品のラインナップが整い次第Web Shopにて(頭囲:約56cm・約58cm・約60cm)の

予約受付販売というカタチをとらせていただきますので、しばらくお待ちください。

*手縫いのため±0.5cmほどの誤差は生じますが、ある程度革が身体に馴染んでまいります。


Exif_JPEG_PICTURE
これまで、オリジナルシルバーロゴコンチョやアメリカ製オールドコインコンチョを

付けていたのですが、今回から基本的に僕のふるさと小豆島で生まれ育った

鹿のツノを加工したディアボタンをクラウンのトップに取り付ける仕様にしました。

もちろん従来のシルバーロゴコンチョボタン(追加料金有り)やオールドコインコンチョ仕様も

承りますのでオーダーの際にご連絡くださいネ。

レザーキャスケットのオーダーに関するお問い合わせはコチラ


DSCF7489
素材も鹿の革を使っているので、鹿のツノのボタンは一番相性がいいですネ。

DSCF7471
海外の鹿ツノボタンも入手できるのですが、やはり瀬戸内海という海に囲まれた小豆島で

独自に生息してきた鹿のツノを使うことって、ある意味とても希少性が高いような気がします。


DSCF7261

▶小豆島の鹿ツノについてのブログ記事はコチラ


DSCF7473

ひとりの小豆島人として・・・

DSCF7488
生まれ育った小豆島での年数より、大阪で暮らす年数のほうが

はるかに長くなってしまったけれど、いまだに小豆島弁が消えません。

このディアボタンは、大阪からあなたへ発信しているBobby Art Leather ®と

故郷小豆島を繫ぐかけがえのないパーツです。


DSCF7476

小豆島で暮らす友達や仲間が、そうめん・醤油・佃煮・オリーブを通じて

小豆島を感じてもらっているようにBobby Art Leather ®も

ひとりの小豆島人として、島を離れて培ってきた独自のセンスを活かしながら

レザーファッションを通じて、あなたに届けていきたいと思っています。


DSCF7485

ボビーアートレザーはレザーファッションを通じて

あなたの人生の節目に寄り添う相棒を

これから先もずっとお手伝いさせていただきます。

▼レザーファッションのお役立ち記事はコチラを覧ください▼

%e3%81%8a%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

一瞬も 一生も カッコよく・・・

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather [ボビーアートレザー]

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5-7-19高岡セカンドハイツ101号

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

 

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2017-05-24 | Posted in HAT・CASKET, Philosophy of lifeNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment