【革の話】 ディアスキンのこと(鹿革・革ジャン・キャスケット)

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する

ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)

小豆島人レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

いつもマイブームになっているレザーが数種類あります。

Exif_JPEG_PICTURE
その中でもBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)のレザーアイテムで

革ジャンやキャスケット(レザー帽)など中心的に使用しているのが

ディアスキン(鹿革)です。

DSCF7479
他のレザーよりは比較的値が張る皮革素材ではあるのですが

革の繊維質が真綿のように幾重もの層になっていて軽くて柔らかく

革の仕上げにもよるのですが、ふかふかしたレザー素材です。

_130128BAL_007

革ジャンのように身に纏うと身体にしっくり馴染んでくれるし

ある程度ストレッチも効いてくれるので、革ジャン特有のゴワつきも

感じないので着心地は抜群にいい素材です。

熱がこもりにくいので、真夏以外のシーズンは着用しやすいですし

冬は空気の層があるので比較的暖かいので

個人的には結構ヘビーローテーションで着込んでいます♪


Exif_JPEG_PICTURE
鹿革は人間の肌にも近いみたいなので、アクセサリーなど

直接地肌に身につけるアイテムにはうってつけの素材ですネ。

_130128BAL_270

それに鹿革を革紐にしてステッキングで穴に通していく時も

比較的丈夫で切れにくいので重宝しています♪

dscf3297

ある程度クッション性もあるので、内張りにも使う場合があります♪

(多少コストはかかりますが;汗・・・)



Exif_JPEG_PICTURE

THE YELLOW MONKEYで活躍中の廣瀬”HEESEY”洋一さんも

ディアスキンレザージャケットをご愛用いただいてます♪


ichiro
ギタリストichiroさんも長渕剛さんの2015年のコンサートツアーの

ステージでガンガン穿いてアツいプレイを繰り広げてくれました♪


そんな万能なレザー素材の

ディアスキンにも少しだけ欠点がございます。

Exif_JPEG_PICTURE
レザーの銀面(表面)に最初から引っ掻きキズや、穴も空いている場合も多いので

その箇所を避けてパターンをトレースするので、無駄が多いのです(泣)

そのぶんコスト高になるのも、やむを得ないのです・・・

11076052_1033466686682120_89919528_n

ひょっとしたらハンドメイドや限定生産に向いてる素材かもしれません・・・

他にもディアスキンのことを取り上げてるブログ記事がありましたので

▼コチラの記事も併せて読んでみてくださいネ▼

ディアスキン<鹿革>の魅力

これからもディアスキンの特徴を最大限に引き出した

革ジャンやレザー帽をリリースし続けていきたいと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

ただ・・・

ディアスキンの”欠点”と思われる箇所をあえて

欠かせない点”ととらえて

カッコよくデザインに昇華させて

魅力ある作品を作り上げていくことが

Bobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)の

使命のような気がします。

18835866_10155153661705199_7117731239305950373_n

▼コチラの記事も併せて読んでください▼

>> 【革の話】プルアップレザーの魅力

ボビーアートレザーはレザーファッションを通じて

あなたの人生の節目に寄り添う相棒を

これから先もずっとお手伝いさせていただきます。

▼レザーファッション・革のお役立ち情報はコチラ

%e3%81%8a%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

一瞬も 一生も カッコよく・・・

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather [ボビーアートレザー]

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5-7-19高岡セカンドハイツ101号

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

 

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2017-06-05 | Posted in Philosophy of lifeNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment