メイキング・オブ・レザーハット #2 / カット編(プルアップ・レザー・注文・Leather・本革製・帽子・販売・経年変化・一点モノ・サイズ展開・馬革)

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する

ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)

小豆島出身レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

DSCF0669
前回のブログでBAL-HAT-NEOシリーズの制作工程の

レザーに銀ペンでトレースするまでをレポートさせていただきました。

▼ 前回のブログ記事はコチラ ▼

BAL-HAT–NEO ハットの制作工程 #1



Exif_JPEG_PICTURE
型紙をレザーにトレースしたらパーツごとにカット(手裁ち)していきます。

革包丁も使う機会が多いのですが、革の硬さや厚みによって

カッターナイフを使ったりハサミを使ったりと用途によって使い分けています。


Exif_JPEG_PICTURE

失敗ができない工程なので、気持ちをフラットに落ち着いた環境で

かなり集中してカットしていきます。

Exif_JPEG_PICTURE
各パーツを貼ったり繫げたり・・・

特にツバは表と裏の両面仕様になっていますので

慎重に貼り合わせて工具を使って圧着させてゆきます。

ディアスキンでハットを作る際には床革をサンドイッチさせて

芯の役割りを果たします。

次回(穴あけ編)に続く・・・

▼ BAL-HAT-NEOのメイキング・プロセスはコチラ ▼

メイキングオブハット


▼ BAL-HAT-NEO スライドショー(30秒)▼



▼ BAL-HAT–NEO のご予約は下記バナーをクリック▼



BAL-HAT–NEO (BLACK HORSE) 

・頭囲サイズ:S(約56cm)/M(約58cm)/L(約60cm)

・素材:馬革(プルアップタイプ)

*天然素材のレザーの特性上トリミングの場所によってシボが深く刻まれた箇所がございますがコレもデザインの1部として構成しておりますのでご了承ください。

*アトリエやイベントでも販売しており、在庫がなくなる場合もございますのでご了承ください。

DSCF8971

▼帽子サイズの測り方▼
http://bobby-art-leather.com/11089

▼ハットのブリム(ツバ)周囲のサイズについて▼
http://bobby-art-leather.com/11080

▼レザーハットが生まれた理由はコチラ▼
http://bobby-art-leather.com/9767

▼BAL-HAT・お客様の声はコチラ▼
http://bobby-art-leather.com/blog/users-voice/users-voice-hat


DSCF8979

ボビーアートレザーはレザーファッションを通じて

あなたの個性を引き出すお手伝いをさせていただきます。

DSCF8970
▼コチラの記事もあわせてご覧ください▼

>> 誰でも簡単にできる簡単な革のハットのお手入れ方法

>>70’sROCKファッションの世界を凝縮したハット

>> ハット・革ジャンをオーダーしてくれる皆様の共通点とは

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

一瞬も 一生も カッコよく・・・

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

▼レザーファッション・革のお役立ち情報はコチラ

%e3%81%8a%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather [ボビーアートレザー]

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5-7-19高岡セカンドハイツ101号

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2017-10-31 | Posted in BAL-HAT NEO, Philosophy of lifeNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼