ROCK女子専用 ボディーバッグ”RAKUEN”(オトナ女子・BODY BAG・オーダー・注文・レザーバッグ)

はじめにボビーアートレザーとご縁をいただいたお客様のご健康とご安全を心より願っております。
インターネット上に無数のレザーブランドがあるにも関わらず
Bobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)のブログにお越しいただきありがとうございます。

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する
ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)
小豆島出身レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。


DSCF8052前回のブログ『“無”から”有”を生み出すプロセス』のながれで
誕生したボディーバッグ-RAKUEN-

DSCF8029*ネームを刻印しているので一部ボカしております

ロック(音楽)好きな女性から
『ライブの時や介護をする際両手が空く、カッコいいレザーのボディーバッグが欲しい』
とのご依頼で誕生したのがオリジナルレザーボディーバッグ-RAKUEN-

DSCF8036
使い勝手とご予算の関係上ペットボトルがちょうど収まるサイズで
できるだけ軽くシンプルな構造のボディーバッグを心掛けました。

DSCF8031 DSCF8032 DSCF8033
カクカクしたデザインではなく、なるべく女性的で曲線の美しさとカッコよさを心掛けました。

DSCF8034
背中に直接あたる部分には内側にウレタンクッションを挟み込んでいます。
茶芯の馬革を使ってあるのでレザーの表面がこすれていき内部の茶芯が現れて
ステキな経年変化を楽しんでいただけます。


DSCF8035
ROCK系ファッションに合う黒と赤のツートン仕様に・・・

▼女性用トルソーに装着してみました▼

DSCF8041タスキ(ショルダー)部分は長さ調整と脱着しやすいよう樹脂製パーツをセレクト

DSCF8042 DSCF8043 DSCF8044 DSCF8046
DSCF8048
大き過ぎず、小さ過ぎず、背中に収まるサイズ感を心掛けました。

DSCF8049DSCF8030
キーチェーンを取付けてファスナーの中に鍵をしまえるよう
黒クロームのDカンを設置。

DSCF8050
両サイドにはサインペンなど、ちょっとした小物が収められるポケット付

DSCF8040
いつかまたライブハウスが再開された時には
このボディーバッグを背負って”音楽の楽園”を楽しんでいただきたいと願ってます♪

DSCF8037

”魂”は細部に宿る・・・

ボビーアートレザーならではの
手仕事でしか表現できない革のステッチと
独特のシルエットを味わっていただきたい・・・

そして”細部に渡る美しさ”と
身に付けた時に初めて気づく”造形のセクシーさ”を
あなたの五感で感じていただきたい・・・

まわりの人達から褒めてもらえて
永くつきあえる相棒をお届けしてまいります。

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !
Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

▼Bobby Art Leather ® Web Shopはコチラ▼

web_shop_balヘッダ

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather ®[ボビーアートレザー]

▼LINE公式アカウントページ ID▼
  @bobbyartleather

 

cFti



ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5丁目7−19 高岡セカンドハイツ101

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

 

▼ブログランキング参加中▼

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ

↑↑↑読んだらいますぐワンクリックorタップ↑↑↑

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


▼ブログランキング参加中:いますぐバナーをクリック!▼
▼ショッピングは今すぐ下のバナーをクリック▼
web_shop_balヘッダ

2020-04-08 | Posted in BLOG, Medicine bag, OTHER, Philosophy of lifeNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼