トラディショナル・ライン・シリーズ復活の兆し(ビジネスマン・起業家・経営者)

2022年の夏も気がつけばお盆!今年も帰省できず大阪のアトリエで過ごしているBobbyです。
39018513_2243720588990051_6963778910521655296_n
ROCKを軸にレザーファッションを展開するボビーアートレザー®︎代表
レザー アート クリエーター・ブランド デザイン プロデューサー
 照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です♪

Leather Beretのコピー
ROCKを軸にレザーファッションを展開するボビーアートレザー®︎ですが

『普段でも使えるスマートなレザーアイテムを作ってもらいたいのですが・・・』

『普段の仕事で使える革小物をボビーさんに作ってもらえないでしょうか・・・』

『ボビーさんの作品が欲しいけど、自分のスタイルに合わせることって可能ですか?』

などといった声を聞かせていただきます。

職業もビジネスマン・起業家・経営者さんなど様々です。

Traditional Line Series
10年以上前のことになるのですが、一時期そういった声をもとに
Traditional Line(トラディショナル・ライン)シリーズとして
オーダー作品を制作させていただいてました。
もちろんハンドメイド(総手だち・総手縫い)です。

1200x1200

同じロックでも『ザ・ポリス』的なスマートなイメージかな・・・

hero_eames_sofa

僕は個人的にイームズやヤコブセンなどのミッドセンチュリー系のインテリアの世界も好きなので
そういった世界観の要素をレザー作品に込めてきた感覚です。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE
オーダーいただいたお客様が大切にしているブランドカラーの要素を取り入れたり
仕事観の要素を作品に散りばめたアレンジをさせていただいたり・・・

blog_import_5253b72f1c38f

どの職種の方も納品後それぞれの世界でご活躍されてる人達ばかりなので
制作してきた僕にとっても嬉しい気持ちになります。

blog_import_5253b727e6c37
例えば名刺入れでしたら名刺のVIPルームとして、財布でしたらお札のVIPルームとして・・・

DSCF2851
一見どこにでもありそうなカタチかもしれません・・・
誰が作ってもいいようなデザインかもしれません・・・
パンチが弱く見えるかもしれません・・・

DSCF1721
ただ、どれも世界でひとつしか存在しないボビーアートレザーのレザー作品です。

DSCF4088
ボビーアートレザーは
それぞれの世界・業界で生き抜いているカッコいい大人のために
これからもあなたの人生に寄り添うレザー作品を届け続けてまいります。

Red Warriorsのコピーのコピー
Bobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)は 単に革製品を届けているのではありません・・・
手仕事のレザーアイテムを通じて あなたの価値が上がるブランド作りのサポートをしている
あなた向けのレザーファッションブランドです♪

Stay Positive!
Bobby Art Leather for Japan for Everyone !
Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

▼Bobby Art Leather ® Web Shopはコチラ▼

web_shop_balヘッダ

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather ®[ボビーアートレザー]

▼LINE公式アカウントページ ID▼
  @bobbyartleather

cFti




ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5丁目7−19 高岡セカンドハイツ101

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

 

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


▼ブログランキング参加中:いますぐバナーをクリック!▼

PVアクセスランキング にほんブログ村
▼ショッピングは今すぐ下のバナーをクリック▼
web_shop_balヘッダ

2022-08-12 | Posted in Philosophy of life, Traditional LineNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼