カスタム オーダー レザーハット制作記 その5(ロック・革製・帽子・販売・注文・カスタム・パッチワーク・一点モノ・DJ Ashba テイスト Hat)

2月も20日を過ぎるとだんだん春めいて温かな日差しが心地よく感じます。
明るめのレザーを羽織って出かけてみたくなりますネ。

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する
ハンドメイド専門レザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)
小豆島出身レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

Exif_JPEG_PICTURE
レザーハット”BAD-BORIS“のカスタムモデルが完成するまでの道のりを
ブログに綴りながら新着情報をお届けしております。

>> カスタムレザーハット制作記その1はコチラ

>> カスタムレザーハット制作記その2はコチラ

>> カスタムレザーハット制作記その3はコチラ

>> カスタムレザーハット制作記その4はコチラ

前回のブログではクラウン部分を編み上げるところまで進みましたので
いよいよクラウンとブリム(ツバ)をひとつに編み上げてハットのカタチに・・・

Exif_JPEG_PICTURE
穴に革ひもを通してから手前に戻しまた手前の穴から針を出して
進んでは戻り、進んでは戻りを繰り返していきます。

Exif_JPEG_PICTURE
そうするとまるでロープを巻いたような立体的な柄が生まれます。

Exif_JPEG_PICTURE
裏から見るとこんな感じです。
どの作業でも同じことが言えるのですが平たい革ひもなので
その都度革ひものねじれを元に戻さねばならないので
根気と手間のかかる手作業です。きっと機械では無理な工程だと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

ボビーアートレザーでは手仕事でしか表現できない”細部に渡る美しさ”と
身に付けた時に初めて気づく”造形のセクシーさ”を
味わいながら愛でていただくレザーファッションブランドです。


Exif_JPEG_PICTURE

そこから使っていただくうちにやがて革ひものカドが取れていき
まろやかな風合いと深みのあるツヤがうまれます。
ぜひ作品の革ひも部分にも触れていただいて
革ひも部分も育てていただければ幸いです。

DSCF7717

次回はいよいよブリムの周囲を編み上げて世界でひとつのカスタムレザーハットの誕生です。
続いて(その6)のブログをお楽しみください♪

細かい工程はBad Borisの制作工程ページで詳しく解説しておりますので
ぜひ読んでみてくださいネ。

▼Bad Borisの制作工程ページはコチラ

Bad Boris Making
Bobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)は
単に革製品を制作しているのではありません。

革製品を通じて、”感動”や”驚き”・鼓動が高鳴るような
喜びをお届けするレザーブランドです♪

>> ”Boris“シリーズのオーダーについて

>> BAD BORISタイプのオーダー申し込み方法についてはコチラ

▼Bobby Art Leather ® Web Shopはコチラ▼

web_shop_balヘッダ

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather ®[ボビーアートレザー]

▼LINE公式アカウントページ ID▼
  @bobbyartleather

 

cFti




ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5丁目7−19 高岡セカンドハイツ101

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

 

▼ブログランキング参加中▼

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ

↑↑↑読んだらいますぐワンクリックorタップ↑↑↑

 

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


▼ブログランキング参加中:いますぐバナーをクリック!▼
▼ショッピングは今すぐ下のバナーをクリック▼
web_shop_balヘッダ

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼