”革ジャン” は ”経年変化” を通じて ”人生” を教えてくれる

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する

ビスポークレザーブランドBobby Art Leather (ボビーアートレザー)

レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。


11092104_1038280626200726_1185126263_n
ネットは低速だけど、革ジャンの制作時間はそのぶん倍速(とはいえ超アナログ速度)

11068825_1038280372867418_106989020_n
一着の革ジャンが出来上がるのにどんなに急いでも約100時間くらいかかります。その間気持ちも集中しなければなりません。うまい表現が浮かばないけれど”競歩”に似ているのかもしれません。いつも全力で突っ走りたい気持ちなんだけど、着実にひとつひとつの細かい道のりを通らなければ決して辿り着くことができない・・・そんなまどろっこしいような感覚・・・

11075785_1038280396200749_126161738_n
制作してるあいだ革に向かってしょっちゅう対話をしています。型紙をトレースする時、パーツごとにカットする時、ポンチで穴をあける時、そしてハンドステッチで革ひもを通す時・・・

IMG_5207_R
「もっと効率が良くて簡単でオイシイ方法ってないかなぁ」って革に尋ねてみると「そんなもんあるかい!あったとしても内容ごっつ薄っぺらいわい!」っていつも一喝されます。経年変化にこだわる僕たちは時間を無駄に過ごして年老いて劣化していくのはなく、昨日よりも今日、今日よりも明日へと日々進化していかなければ、深みのある経年変化に繋がっていかないような気がします。そんな人生観みたいなことを着古して味のある革ジャンからいつも学ばせていただいてます。

10923211_999830750045714_1108116440621367785_n
きっとボビーアートレザーを羽織る人達も想いは同じなんだと感じています。

▼よい経年変化を楽しんでいただくための革のお手入れ情報▼

>> 自分でできる簡単な革の帽子のお手入れ方法

>> 誰でも簡単にできる簡単な革のハットのお手入れ方法

>> 革ジャン・革製品のお手入れ方法

>> 作品の仕上げやメンテの愛用品

4/7から4/9まで東京渋谷space EDGEにて開催される合同展用に展示&オーダーさせていただきますのでぜひ羽織りにいらしてくださいネ。詳しくはコチラ→http://bobby-art-leather.com/3449

ノースビーチレザーやチャーをはじめ70年代に風靡したヒッピーテイスト満載のハンドステッチの革ジャンを45年の時を経て現代のスタイルに落とし込み蘇らせた革ジャンの世界をぜひ楽しみくださいネ♪

3/20に放送されたUSTREAM番組”合法ソルファクサミット”の映像もお楽しみください。アトリエの様子もご覧いただけますよ→http://bobby-art-leather.com/3795

 

Bobby Art Leatherはレザーファッションを通じて

カッコいいオトナを演出するためのツールを届けていきたいと願っています。

▼コチラの記事もあわせてご覧ください▼

>>ハンドステッチの伝道師として

>>革ジャンを作る理由

>>モノ作りのうえで大切にしていること

>>Bobby70’sロック系革ジャンの作り方を公開中!

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

一瞬も 一生も カッコよく・・・

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather [ボビーアートレザー]

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5-7-19高岡セカンドハイツ101号

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

バイカーやロッカーの革ジャンや革小物と聞いて思い浮かべるブランドって、Leathertogs ( レザートグス) 、Langlitz Leathers (ラングリッツ)、SCHOTT (ショット) 、BUCO (ブコ) 、レッドムーン、KADOYAさんあたりでしょうか・・・
どちらかといえばボビーアートレザーは、アメカジ系ファッションカルチャー雑誌ライトニング・デイトナブロス・Free & Easy・CLUTCHなどを購読されている経年変化フリークの方や、ロバートワーナーレザー、ノースビーチレザー、イーストウエスト、サウスパラディソ、ヘンリーデュアルテ、シェアスピリット、Lost Art、LOGAN RIESE-ローガンリース、BACKLASHといった70’sロックファッションフリークの方、クロムハーツ、ビルウォールレザー、レナードカムホート、ガボールといったシルバーアクセサリーのコレクターの方からもカスタムオーダーのお問い合わせを多数いただいてます。
ひとつの型にはまらないファッションコーディネートを楽しみたいロックなオトナのために最高の逸品をお届けしたいと願ってます。

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2015-03-25 | Posted in BLOG, Philosophy of lifeNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼