Bad Boris Custom センザン制作記その2(レザーハット・革製・帽子・販売・注文・カスタム・パッチワーク・一点モノ・DJ Ashba テイスト・センザンコウ・ Hat)

このブログを綴っているのが2020年3月12日・・・
3/12ということで”サイフの日”でもあるんですよネ。
財布のメンテをしたり中身を整理するっていうのもいいですネ♪

>> ボビーアートレザーが手掛けた財布はコチラ

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する
ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)
小豆島出身レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

DSCF7825
以前、ギタリストDJアシュバのファンの方からオーダーをいただいた
オリジナルレザーハットBad Boris Custom Black & Whiteのブログが好評で
ありがたいことに同じテイストのレザーハットにセンザンコウ
レザーをトッピングした別注カスタムのハットオーダーをいただきました。
世界でひとつのレザーハットが完成に至るまで制作の様子をレポートしていくシリーズ。
今回のブログが”その2”
>> 前回のブログ”その1”はコチラ

ブログを通じてBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)の作品がどのようにして
生まれて、どんな想いで制作しているのかオーダーの参考になれば幸いです。

DSCF7826
今回も引き続きハットの顔でもあるクラウン部分の制作です。
馬革の端とセンザンコウの腕などコラージュして切り出して穴をあけたパーツに
革ひもを通していきます。

DSCF7828
まずは黒の馬革の革ひもをかがっていきます。

DSCF7830
続いて白なめし革をカットした革ひもを編み込んでいきます。

DSCF7831
革ひもを繫ぐ際の革専用ボンドが乾くまで、VAPEを楽しんだり、メールの返信をしたり
地味に時間を要する工程なのですが、地道に革ひもをかがっていきます。

DSCF7832
約2日がかりでようやくクラウン部分の編み込みが終わりました♪
今回はココまで♪

DSCF7823
次回はブリム部分とトップ部分のパーツを組んでまいります。
それでは次回“その3”へと続きます・・・

DSCF7717

”魂”は細部に宿る・・・

ボビーアートレザーならではの
手仕事でしか表現できない革のステッチと
独特のシルエットを味わっていただきたい・・・
そして”細部に渡る美しさ”と
身に付けた時に初めて気づく”造形のセクシーさ”を
あなたの五感で感じていただきたい・・・
そんな想いで今日もレザーと向き合っています。

DSCF6619

>> ”Boris“シリーズのオーダーについて

>> BAD BORISタイプのオーダー申し込み方法についてはコチラ


BORIS_image_LIMITED-EDITION-500x500

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !
Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

▼Bobby Art Leather ® Web Shopはコチラ▼

web_shop_balヘッダ

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather ®[ボビーアートレザー]

▼LINE公式アカウントページ ID▼
  @bobbyartleather

 

cFti



ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5丁目7−19 高岡セカンドハイツ101

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

 

▼ブログランキング参加中▼

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ

↑↑↑読んだらいますぐワンクリックorタップ↑↑↑

 

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


▼ブログランキング参加中:いますぐバナーをクリック!▼
▼ショッピングは今すぐ下のバナーをクリック▼
web_shop_balヘッダ

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼