【05:クラウン後面編】レザーハット制作ストーリー・Crocodile Black Boris

日本の夏・・・

令和の夏・・・

なかなか帰れないけど

ご先祖さまに感謝です♪

39005914_2243720535656723_6334392118043213824_n

インターネット上に無数のレザーブランドがあるにも関わらず
Bobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)のブログにお越しいただきありがとうございます。
ROCKを軸にレザーファッションを展開する
ボビーアートレザー®︎代表
レザー アート クリエーター
ブランド デザイン プロデューサー
 照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

DSCF8385
シリーズとしてお届けしている”レザーハット制作ストーリー
今回はクラウントップの制作に取り掛かった時の記録です。
【01】 【02:クラウントップ編】 ・【03.ブリム表面】【04.ブリム内側面】ときて今回で5回目・・・

DSCF8021
今回はクラウンの後ろ側の構成にとりかかかります。

DSCF8390
ある程度ラフで構成を組んでみて、流れがしっくりくる位置関係に出会ったら
ベースとなる鹿革に貼り込んでいきます。

DSCF8391
周囲をカットしてみました。このバランスがベストでした!

DSCF8393
DSCF8396
銀ペンでパーツ同士を繋ぎ合わせるための穴位置を決めていきます。

DSCF8398
DSCF8397
バランスを見ながらひとつずつ穴をあけていきます。

DSCF8402
DSCF8405
鹿革の革紐で黙々と編み込んでひとまず終了です。
生殖器付近の天然のシボ感が何とも言えないくらい美しい・・・

DSCF8406

ベーシックな佇まいの中にリッチでワイルドなエキゾチックレザーが潜む・・・
 Bobby Art Leather ®の歴史に残るスペシャルなレザーハットが誕生しそうな予感がします。

次回はクラウンフロント部分の制作に迫ってみたいと思います♪

”魂”は細部に宿る・・・

ボビーアートレザーならではの
手仕事でしか表現できない革のステッチと
独特のシルエットを味わっていただきたい・・・
DSCF8408

そして”細部に渡る美しさ”と
身に付けた時に初めて気づく”造形のセクシーさ”を
あなたの五感で感じていただきたい・・・
それがボビーアートレザーなりの手仕事の美学・・・

▼続きはこのバナーをいますぐクリック ▼

making of hat

Bobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)は
単にレザー作品を届けているのではありません・・・
ハンドメイドのレザーアイテムを通じて
あなたの価値が上がるブランド作りのサポートをしている
あなた向けのレザーファッションブランドです♪


DSCF8848Stay Positive!
Bobby Art Leather for Japan for Everyone !
Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

▼Bobby Art Leather ® Web Shopはコチラ▼

web_shop_balヘッダ

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather ®[ボビーアートレザー]

▼LINE公式アカウントページ ID▼
  @bobbyartleather

cFti



ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5丁目7−19 高岡セカンドハイツ101

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

▼ブログランキング参加中▼

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ

↑↑↑読んだらいますぐワンクリックorタップ↑↑↑

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


▼ブログランキング参加中:いますぐバナーをクリック!▼
▼ショッピングは今すぐ下のバナーをクリック▼
web_shop_balヘッダ

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼