レザーハット”Bad Boris”その全容/ その7・お喜びの声(制作工程・馬革・オーダー・注文・Leather・Hat・帽子・経年変化・一点モノ)

2019年3月16日(土)JR西日本”おおさか東線”が開通したおかげで

アトリエまでの最寄駅”JR淡路駅”が開通しました!

始発駅の”JR新大阪駅”から”JR淡路駅”まで直通で2駅(たったの5分)→ 詳細はコチラ

新大阪〜JR淡路

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する

ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)

小豆島出身レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

DSCF2431
シリーズでお届けしてきたレザーハット”Bad Boris(バッドボリス)“の制作工程も今回で最終回

これまでの制作工程をまだご覧になっていない方はコチラからどうぞ

DSCF2434
それでは完成したばかりのBad Boris(バッドボリス)の全容を

一眼レフカメラの画像でお楽しみください。

DSCF2432
DSCF2433
DSCF2435
DSCF2436
DSCF2437
DSCF2438
DSCF2439
全体のフォルムに引き続き

▼ クローズアップ画像でBad Borisの凄み溢れるディテールをお楽しみください ▼

ハンドステッチ(ハンドレーシング)のカッコよさが

少しでもお伝えできれば幸いです。

DSCF2440DSCF2441DSCF2442DSCF2443DSCF2444DSCF2445DSCF2446DSCF2466

今回オーダーいただいた東京在住K.T.さまよりUSER’S VOICEを

頂戴しましたのでシェアさせていただきます。

【Bad Borisをオーダーいただいた”決め手”】


1年ぐらい前にネットで革製の帽子を見ていた時にBAL-HAT を発見し、

めちゃくちゃカッコいいなー、いつか帽子をオーダーしたいなと思っていて、

今回ホームページでバッドボリスを見つけこれだって感じだと思い

オーダーさせて頂きました。

決め手はハットを見て初めて感動したからです。

最高にかっこいいハットをありがとうございます。

大阪に行った際には、しっかり育て上げたバッドボリスをかぶり

ぜひ伺いたいと思います。

またよろしくお願いします。

K.T.


DSCF2461
K.T.さま、このたびはオリジナルレザーハットBad Boris(バッドボリス)を

オーダーいただきありがとうございます。

お電話でお問い合わせいただいた時、小豆島の電波の入りにくいエリアにいたため

移動しながら何度もお電話させていただいたり、LINEで楽しく打ち合わせさせていただいたり

個人的にもとても楽しく、想い出深い作品のひとつになりました。

そのうえ、このたびのBad Boris(バッドボリス)の制作工程シリーズを綴らせていただくことを

快諾いただき心から感謝の気持ちでいっぱいです。

いつの日かレザーハットBad Boris(バッドボリス)の経年変化した様子を

アトリエで拝見させていただける日を心待ちにしております♪

Bobby Art Leather (ボビーアートレザー)

代表
照下”Bobby”稔


▼オーダーについての詳細はコチラをご参照ください▼

>> ”Boris“シリーズのオーダーについて

DSCF2462

Bobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)は単に革のハットを制作しているのではありません。

革のハットを通じて、”感動”や”喜び”・鼓動が高鳴るような体験をお届けするレザーブランドです♪

DSCF2464

Bad Boris(バッドボリス)の制作工程シリーズ
にお付合いしていただき深く感謝しています。

他のリンク記事を含め、繰り返し深く読んでいただければ作り手として最幸です。

▼Bad Boris制作工程の一覧ページはコチラ

Bad Boris Making

▼パッチワーク系のハットはコチラも併せてご覧ください▼

>> レザーハット”Bad Boris”バッド・ボリス

>> Boris Type Leather Hat オーダー

>> RED RICE Special HAT(湘南乃風)

>> レザーハットBad Boris Wide Brim Custom!

>> オリジナルレザーハット”Black & White”

>> ”レザーハットBORIS-004”WANI

>> 史上最強のディアスキン・レザーハット

>> ブラウン&キャメルBoris Type

>> ディアスキン&スティングレイ・レザーハット

>> プルアップホース・ブラウン&キャメル・ワニ・パイソン

>>レザーのハギレは新たなるデザインに昇華(革端切れ活用法)

>>二度と出逢えない一点モノ、革のパッチワークブーム


▼70年代ロックファッションの世界観を凝縮させたBAL-HAT-NEOとは▼
http://bobby-art-leather.com/15397

▼帽子サイズの測り方▼
http://bobby-art-leather.com/11089

▼ハットのブリム(ツバ)周囲のサイズについて▼
http://bobby-art-leather.com/11080

▼レザーハットが生まれた理由はコチラ▼
http://bobby-art-leather.com/9767

▼BAL-HAT・お客様の声はコチラ▼
http://bobby-art-leather.com/blog/users-voice/users-voice-hat

▼コチラの記事もあわせてご覧ください▼

>> 誰でも簡単にできる簡単な革のハットのお手入れ方法

>>70’sROCKファッションの世界を凝縮したハット

>> ハット・革ジャンをオーダーしてくれる皆様の共通点とは

 DSCF2448

例えば20年後・・・

我が子に譲りたくなるような・・・

そんなレザーハットを遺していきたい・・・

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

▼レザーファッション・革のお役立ち情報はコチラ

%e3%81%8a%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather [ボビーアートレザー]


▼LINE公式アカウントページ ID▼
  @bobbyartleather

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5-7-19高岡セカンドハイツ101号

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼