BAL-HAT-NEO 茶芯 BLACK の魅力(レザー・ハット・注文・Leather・Hat・本革製・帽子・制作・経年変化・オーダー・マニア向け・馬革)

2019年(令和元年)もあと2ヶ月・・・

全国に星の数ほどのレザーブランドや革職人が存在してるにも関わらず
Bobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)にお問い合わせ
オーダーをご依頼いただき心からありがとうございます。

▼まずはスライドショー(30秒)をお楽しみください▼





DSCF6058
関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する
ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)
小豆島出身レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。

DSCF6051
レザー通やマニアに支持いただいてる人気モデル BAL-HAT-NEO茶芯BLACK

>> ベーシックな馬革のBAL-HAT-NEOはコチラ

DSCF6047

茶芯の特徴としては革紐の断面をご覧いただくとわかるのですが
レザーの芯まで染めず銀面(表面)に色を入れた革素材です。

DSCF6042
制作しながら感じることは、革ひもを通しで編み込んでいる時
ややコシや粘り強さを感じます。

26169968_10155759896845199_7140225883832964818_n-500x500
革ひもを穴に通していくと、穴に擦れた革ひもが段々ツヤめいて
ステキな表情になっていくのです。

DSCF6067

【茶芯のレザーとは】


DSCF6064
ヴィンテージのライダースジャケットやワークブーツなどに見られる革なのですが
塗装面が下地の茶色い芯まで染まってなくて表面に塗料が乗っている素材です。

諸説ありますが、当時は染めの技術が現在より発達してなくて
革自体のキズや色ムラにより商品を作る際ロスも出てしまうので
革のキズ隠しとして革の表面を均一に色を入れていたとも聞いたことがあります。

DSCF6062
その結果、使い込むことで表面の染料が落ちてきたり
経年変化により革が馴染んでアタリがついた箇所が擦れてきて
下地の芯の茶色が表面に浮き出して立体的になります。

例えるならジーンズの色落ちやアタリがついていくイメージですネ。
しかもレザー素材なので深いツヤも生まれて魅力的な変化を楽しんでいただけます。

DSCF6057
茶芯の経年変化の様子を伝えてみたいのですが
実は茶芯の馬革は、入手が不定期なので、どうしてもお客様優先で制作しておりますので
私物としては後回しにしてきました。

しかし、茶芯の文章だけでお伝えしていくよりも、
現物の茶芯BAL-HAT-NEOを使いながらレポートしていくほうが
実際に経年変化の様子をみていただくほうが、伝わりやすいと感じました。

また時間を見て現物サンプルを作りあげて
経年変化の様子をレポートしていきたいと思いますのでお楽しみに♪

DSCF60702019年11/1現在、ハット3個ほど制作できるくらいの茶芯ブラックのレザーを在庫しています。
経年変化を味わえる茶芯タイプのレザーハットを、この機会にぜひご検討いただければ幸いです。

▼茶芯 馬革製 BAL-HAT-NEOの詳細・ご予約はコチラからどうぞ▼




この黒馬革の茶芯レザーハットを、いい感じにカッコよく
育ててもらえることを心から願っています。

DSCF6041

▼茶芯のレザーに関しましてはコチラの記事を併せて読んでみてくださいネ。▼

>> 【革の話】茶芯の魅力

>> BAL-HAT-NEO(茶芯ブラック)

>> 初期型BAL-HAT茶芯バージョンとの再会&カスタム

>> BAL-HAT-NEO 別注オーダー茶芯ワイドブリムタイプ

>> BAL-HAT-NEO(茶芯BLACK)スペック

DSCF6072

▼Wild Leather HatとBAL-HATとの比較ページはコチラ▼
http://bobby-art-leather.com/11201

▼BAL-HAT・お客様の声はコチラ▼
http://bobby-art-leather.com/blog/users-voice/users-voice-hat

▼レザーハットが生まれた理由はコチラ▼
http://bobby-art-leather.com/9767

DSCF6055

▼コチラの記事もあわせてご覧ください▼

>> ハットのブリム(ツバ)周囲のサイズについて

>> 帽子サイズの測り方(ハット・キャスケット)

>> レザーハットが生まれた理由

>> 誰でも簡単にできる簡単な革のハットのお手入れ方法

>>70’sROCKファッションの世界を凝縮したハット

>> ハット・革ジャンをオーダーしてくれる皆様の共通点とは

DSCF6075

例えば20年後・・・

我が子に譲りたくなるような・・・

そんなレザーハットを遺していきたい・・・

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !
Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

▼レザーファッション・革のお役立ち情報はコチラ

%e3%81%8a%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather [ボビーアートレザー]


▼LINE公式アカウントページ ID▼
   @bobbyartleather

cFti



ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5-7-19高岡セカンドハイツ101号

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

▼ブログランキング参加中▼

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ

↑↑↑読んだらいますぐワンクリックorタップ↑↑↑

 

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2019-11-01 | Posted in Leather Hat, Philosophy of lifeNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼