レザーハット”Bad Boris”ができるまで / その2(制作工程・馬革・オーダー・注文・Leather・Hat・帽子・経年変化・一点モノ)

この記事を綴っているのが2019年3/12(サイフの日)

53533213_10156759717535199_596408964132896768_n
写真の財布はBobby私物サンプルで長いこと使っている鹿革とスティングレイの長財布です。

メンテらしいこともしていないので磨いてあげたいと思います。

>> これまでオーダーいただいた財布関連の一覧はコチラ

関西・大阪発ロック系レザーファッションを展開する

ビスポークレザーブランドBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)

小豆島出身レザーアートクリエイターのボビーこと照下”Bobby”稔(テルシタ”ボビー”ミノル)です。



DSCF2363

前回のブログ
からスタートしたレザーハット”Bad Boris(バッドボリス)“制作工程

型紙制作からトレースまでの下準備まで綴ってまいりました。

今回はカットしたブリム部分の表裏の二枚分とクラウンのトップ部分に

ひとまず穴をあける箇所まで進めてみたいと思います。

DSCF2364
ブリム(ツバ)部分の表面と裏面のレザーを貼り合わせるために

細いポンチを使ってアタリをつけるための穴を4カ所あけていきます。

DSCF2365
アタリをつけたブリムの裏面にゴムのりを塗ります。

DSCF2366
ゴムのりを両方の面に塗り終えたら、すぐには貼らずに表面が乾くまで

メールチェックやSNS投稿の準備をしたり、ベイプを吸って一服したり・・・(笑)

DSCF2367
ゴムのりの表面が乾いてきたら、アタリをつけた穴に針を刺して

慎重に表面と裏面に来る革をズレないように接着していきます。

ゴムのりの表面が乾いていると軽く指で触ってもベタッとノリがつかないので

扱いやすいのですが、ゴムのりを塗っている面同士はくっついてくれるので不思議です。

DSCF2368
貼り合わせた後、ローラーで圧着させて接着面を安定させます。

DSCF2369
一体化したブリムに今度はポンチで穴をコンコンあけていきます。

ついでにクラウントップ面のパーツにも穴をあけていきます。

DSCF2371
ブリムの中央部分をくり抜いて輪っかのパーツにしていきます。

DSCF2381
クラウントップの内側にお約束のディアスキン製レザータグを貼付けます。

DSCF2382
ローラーでなじませて・・・

レザータグに直筆のサインを書き入れます。

DSCF2383

直筆サインを入れるといつもBobby Art Leather ®(ボビーアートレザー)の

誇りとプライド、そして責任を感じます。

まぁここまでの工程はいつものBAL-HAT-NEOと同じ感じですネ。

次回からいよいよ“Bad Boris(バッドボリス)“らしさ満開の内容に迫っていきます。

次回へつづく・・・

▼Bad Boris制作工程の一覧ページはコチラ

Bad Boris Making

▼パッチワーク系のハットはコチラも併せてご覧ください▼

>> レザーハット”Bad Boris”バッド・ボリス

>> Boris Type Leather Hat オーダー

>> RED RICE Special HAT(湘南乃風)

>> レザーハットBad Boris Wide Brim Custom!

>> オリジナルレザーハット”Black & White”

>> ”レザーハットBORIS-004”WANI

>> ”Boris“シリーズのオーダーについて

>> 史上最強のディアスキン・レザーハット

>> ブラウン&キャメルBoris Type

>> ディアスキン&スティングレイ・レザーハット

>> プルアップホース・ブラウン&キャメル・ワニ・パイソン

>>レザーのハギレは新たなるデザインに昇華(革端切れ活用法)

>>二度と出逢えない一点モノ、革のパッチワークブーム

▼Bad Boris#001のムービーはコチラ▼




▼ BAL-HAT-NEOのメイキング・プロセスはコチラ ▼

制作工程はもちろん動画や詳細な写真や解説を盛り沢山な内容で

掲載していますのでぜひご覧くださいネ↓

メイキングオブハット

▼70年代ロックファッションの世界観を凝縮させたBAL-HAT-NEOとは▼
http://bobby-art-leather.com/15397

▼帽子サイズの測り方▼
http://bobby-art-leather.com/11089

▼ハットのブリム(ツバ)周囲のサイズについて▼
http://bobby-art-leather.com/11080

▼レザーハットが生まれた理由はコチラ▼
http://bobby-art-leather.com/9767

▼BAL-HAT・お客様の声はコチラ▼
http://bobby-art-leather.com/blog/users-voice/users-voice-hat

▼コチラの記事もあわせてご覧ください▼

>> 誰でも簡単にできる簡単な革のハットのお手入れ方法

>>70’sROCKファッションの世界を凝縮したハット

>> ハット・革ジャンをオーダーしてくれる皆様の共通点とは

 DSCF1418

例えば20年後・・・

我が子に譲りたくなるような・・・

そんなレザーハットを遺していきたい・・・

Bobby Art Leather for Japan for Everyone !

Love & Peace ☮ Love & Music ☮ Love & Leather

▼レザーファッション・革のお役立ち情報はコチラ

%e3%81%8a%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

 

時にはワクからはみ出る勇気を持つ人のオーダーメイド レザーブランド
Bobby Art Leather [ボビーアートレザー]


▼LINE公式アカウントページ ID▼
  @bobbyartleather

cFti


ボビーアートレザー <アトリエ> 
〒533-0021 大阪府大阪市東淀川区下新庄5-7-19高岡セカンドハイツ101号

【過去のオーダー商品一覧】

★革ジャン・レザーパンツのページはコチラ

★レザーハット・キャスケットのページはコチラ

★バッグ・財布・ギターストラップなど革小物のページはコチラ

★USER’S VOICE(お客様の声)のページはコチラ

カスタムオーダー・フルオーダーの流れはコチラ

▼オーダーのご相談・お問い合わせは、いますぐ 下記のバナーをクリック▼

Bobby Art Leather又は、当記事に関するお問い合せはこちら

お問い合せはこちら


2019-03-12 | Posted in Making of Bad Boris, Philosophy of lifeNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



▼ トップページはコチラ ▼